セブン-イレブンの無料Wi-Fiサービス「7SPOT」、2022年3月で提供終了

ニュース

株式会社セブン-イレブン・ジャパン等のセブン&アイ・ホールディングスグループ各社は2021年12月1日、公衆無線LANサービス「7SPOT(セブンスポット)」の提供を2022年3月31日で終了することを発表しました。

セブンスポットへようこそ|お知らせ

誠に勝手ながら「7SPOT」は、2022年3月31日(木)をもちましてサービスを終了することになりました。

http://webapp.7spot.jp/info/index.html
スポンサーリンク

7SPOTの経緯

7SPOTはセブン-イレブン・イトーヨーカドー・デニーズ等の店舗において2011年に開始された公衆無線LANサービスで、端末上のウェブブラウザからユーザー登録と認証を行うことで無料のインターネット接続が利用できるものです。後に各ブランドごとのスマートフォン向けアプリやNTTBPの「Japan Connected-free Wi-Fi」・「Japan Wi-Fi auto-connect」からも接続可能になった他、7SPOT接続中のニンテンドーDSシリーズで限定コンテンツへアクセスできる「7SPOTでDS」も提供されていました。

セブン&アイの無料ワイヤレス通信サービス 12 月1 日「セブンスポット」グランドオープン ~ 東京23 区のお店でスタート ~(2011年11月29日)

2021年11月でサービス開始から10年を迎えていましたが、「日本国内におけるインターネット環境の変化」を理由にサービス内容の見直しを行った結果、今回のサービス終了に至ったとされています。

2022年3月31日 23:59をもってサービスの提供が終了し、対象全店舗においてSSID「7SPOT」が利用不可能になります。

7SPOTの代替

広いエリアで利用できる無料の公衆無線LANサービスとしてはdポイントクラブ会員登録で利用できる「d Wi-Fi」やau PAYユーザー向けアプリ「au Wi-Fiアクセス」が存在し、d Wi-Fiは端末ごとに設定を行うことでアプリを導入せずにIEEE 802.1X認証(PEAP)による自動ログインが可能です。d Wi-Fiの提供エリアにはセブン-イレブンやイトーヨーカドーが含まれています。

また、NTTBPの「Japan Wi-Fi auto-connect」は7SPOT以外にも各種法人・自治体が展開する公衆無線LANサービスに対応しており、初回のユーザー登録完了後はすべてのアクセスポイントへ自動接続が可能となります。