BIOSTARのマイニング用マザーボード「TZ590-BTC DUO」が国内で発売 PCIeスロット9基とSATA端子10基を搭載

ニュース新製品

2021/10/31 15:00現在、Amazon.co.jpにBIOSTARのマザーボード「TZ590-BTC DUO」が掲載されています。

価格は28,210円、2021年11月12日発売予定です。

TZ590-BTC DUO Ver. 5.0 - BIOSTAR

スポンサーリンク

TZ590-BTC DUOは2021年9月に発表されたATXフォームファクタの製品で、主にマイニング用途を想定した「BTC」シリーズでは初めてLGA1200ソケット・Z590チップセットを搭載し、Intel 第11世代Coreシリーズ("Rocket Lake-S")および第10世代Coreシリーズ("Comet Lake-S")のCPUに対応します。

メモリは4基のDDR4 DIMMスロットを備えDDR4-3200(第11世代Coreシリーズ利用時)までの定格動作、DDR4-3600までのOC動作に対応します。

PCI Expressスロットは合計9基で内1基はx8(x16形状・第11世代CoreではPCI Express 4.0で動作)、残り8基はPCI Express 3.0 x1です。また、ストレージ用に4基のM.2 2280スロットと10基のSATAⅢ端子が用意されています。SATAケーブルは10本付属しますが、PCI Expressライザーケーブルは含まれていません。

外部接続インターフェイスはバックパネルにUSB 3.2 Gen 1 Standard-A×4、USB 2.0 Standard-A×2、HDMI×1、VGA×1、RJ-45×1(Intel I219V 1000BASE-T対応)、オーディオ端子を備え、内部に2基のUSB 2.0コネクタが用意されています。

BIOSTARのマイニング向けマザーボードとしてはライザーケーブル無しにグラフィックボードを8基装着可能な特殊形状の「TB360-BTC D+」、Micro-ATXの「TB360-BTC PRO 2.0」が国内代理店の株式会社アユートを介して2021年9月に国内で発売済みです。