ドコモから5年ぶりのパナソニック製スマートフォンが登場

NTTドコモは5月16日、2018年夏モデルのスマートフォンとして「TOUGHBOOK P-01K」を発表しました。

発売時期は「今夏」とされています。

TOUGHBOOK P-01K | 製品 | 法人のお客さま | NTTドコモ

スポンサーリンク

パナソニックモバイルコミュニケーションズが国内キャリア経由で販売するスマートフォンは2013年6月に発売されたELUGA P P-03Eを最後に途絶えており、約5年ぶりの新製品となります。

MIL-STD-810Gの17項目に準拠し1,000回の落下試験をクリアする耐衝撃性能や防水(IPX6/IPX8)・防塵(IP6X)性能、手袋モードや両サイドに設置された機能割り当て用ボタン、交換可能なバッテリー(3,100mAh)など、様々な環境での利用を想定した設計となっています。

処理性能に関してはSnapdragon 210 MSM8909(Cortex-A7 クアッドコア 1.1GHz)、2GBのRAM・16GBのストレージと非常に控えめです。

基本的に法人向けとして販売される製品ですが、FAQによると個人でも購入可能とのことです。

コメント