OPPOのアスペクト比7:5タブレット「OPPO Pad 2」一般販売開始

オウガ・ジャパン株式会社は2023年10月13日、Androidタブレット「OPPO Pad 2」の一般販売開始を告知しました。メーカー希望小売価格は89,800円(税込)で、2023年10月20日よりECサイトや家電量販店で順次発売される予定です。

OPPO Pad 2 | オッポ

スポンサーリンク

OPPO Pad 2は11.6インチのディスプレイを備えるAndroidタブレットです。2023年8月よりクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」の出資者限定で展開されていましたが、今後は一般のECサイトや量販店でも購入可能になります。

ディスプレイは11.6インチ 2800x2000ピクセルのLTPS液晶パネルでアスペクト比は7:5、画面占有率は88%、最大リフレッシュレートは144Hzです。左右の短辺に各2基、合計4基のスピーカーを備え、

SoCにはMediaTek Dimensity 9000を採用し、RAMはLPDDR5 8GB、内蔵ストレージは256GBです。microSD等の外部ストレージはサポートされていません。バッテリー容量は9,510mAhで、SUPERVOOC対応電源から最大67Wの急速充電が可能です。

無線LANはデュアルバンドのWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)対応で、Samsung Galaxy Tab S9シリーズや2022年以降のApple iPad Proシリーズと異なりWi-Fi 6Eには非対応となっています。

専用アクセサリとしてUS配列のキーボード一体型カバー「Smart Touchpad Keyboard」、4,096段階の筆圧検知に対応するスタイラスペン「OPPO Pencil」が用意され、それぞれ本体とは別に販売される予定です。

OPPO Pencil
OPPO
¥9,073(2024/04/15 07:08時点)