AQUOS wish2とAQUOS wishの違い・SoCとカラーが刷新

ニュース新製品

2022年5月にシャープから発表されたAndroidスマートフォン「AQUOS wish2」について、先代「AQUOS wish」との違いを見てみたいと思います。

スマートフォンAQUOS 2022 夏 最新モデル|AQUOS:シャープ

スポンサーリンク

主な仕様一覧

AQUOS wish2
SH-51C
AQUOS wish
SH-M20
初期搭載OSAndroid 12Android 11
(Android 12アップデート予定)
SoCQualcomm Snapdragon 695 5GQualcomm Snapdragon 480 5G
RAMLPDDR4X 4GBLPDDR4X 4GB
ストレージUFS 2.1 64GB
(microSD/SDHC/SDXC対応)
UFS 2.1 64GB
(microSD/SDHC/SDXC対応)
ディスプレイ5.7インチ 液晶
720×1520ピクセル
5.7インチ 液晶
720×1520ピクセル
無線LAN
Bluetooth
IEEE 802.11ac/a/b/g/n
Bluetooth 5.1
IEEE 802.11ac/a/b/g/n
Bluetooth 5.1
SIMカードnanoSIMnanoSIM + eSIM (DSDV対応)
対応Band (NR)n28/n77/n78/n79n3/n28/n77/n78/n79
対応Band (FDD-LTE)B1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/B19B1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B28
対応Band (TDD-LTE)B39B38/B39/B41
リアカメラ1,300万画素 CMOS F値2.01,300万画素 CMOS F値2.0
インカメラ800万画素 CMOS F値2.0800万画素 CMOS F値2.0
防水/防塵性能IPX5/IPX7/IP6XIPX5/IPX7/IP6X
バッテリー容量3,730mAh3,730mAh

取扱キャリア

2022年5月9日現在、AQUOS wish2はNTTドコモからSH-51Cとして発売されることが確定していますが、その他キャリア・サブブランド(au / ソフトバンク / UQ mobile / ワイモバイル)やキャリアフリーモデルとしての投入は告知されていません。このため、本記事におけるAQUOS wish2の仕様はドコモ版のSH-51Cを基準としています。

AQUOS wish2 SH-51C | スマートフォン(5G) | 製品 | NTTドコモ

SoC

AQUOS wish2にはSoCとしてCPUのQualcomm Kryo 660、GPUのQualcomm Adreno 619から成るQualcomm Snapdragon 695 5Gが搭載されています。シャープ製品ではAQUOS sense6sで採用例があり、Qualcomm Snapdragon 690 5G(AQUOS sense6に搭載)からCPUのクロック周波数がわずかに引き上げられたモデルです。

Snapdragon 690 5Gと先代AQUOS wishに搭載されたSnapdragon 480 5Gの性能差を「Geekbench 5」のスコアで比較すると、シングルコアのパフォーマンスはSnapdragon 690 5GがわずかにSnapdragon 480 5Gを上回るものの、マルチコア性能やOpenCL/Vulkanのパフォーマンスに大きな差異は見られません。

Android Benchmarks - Geekbench Browser

本体カラー

オリーブグリーン・アイボリー・チャコールの3色で展開されていたAQUOS wishに対し、AQUOS wish2 SH-51Cではホワイト・チャコール・ブルー・コーラルの4色が用意されました。筐体素材の一部に再生プラスチックを使用している点はAQUOS wishと変わりません。

なお、シャープの製品ページで公開されている画像のカラーリングはAQUOS wishと同様にオリーブグリーン・アイボリー・チャコールです。

SoC・カラー以外の仕様

AQUOS wish2における大きな変更点はSoCと本体カラーで、RAM/ストレージ容量、リアカメラ・インカメラ、バッテリーなどの仕様はAQUOS wishと変わりません。

バッテリー容量は3,730mAhでUSB PD充電が可能です。充電に必要な時間や連続待受時間・連続通話時間は測定中とされています。

生体認証機能として指紋認証に対応し、本体側面に指紋センサーが備わっています。指紋センサーは長押しでコード決済サービスなど特定のアプリを起動する「Payトリガー」として利用できます。

ドコモ版AQUOS wish2の仕様

対応周波数

5G

ドコモ向けのAndroidスマートフォンにはドコモが運用していないNR Band n77のサポートを省略している機種が存在しますが、AQUOS wish2 SH-51Cではn77/n78/n79すべてがサポートされており、ドコモを含む国内4キャリアの5G網を利用可能です。

上記Bandでカバーされるものを除くLTE向け周波数帯からの転用分についてはn28のみのサポートとなっており、KDDIやソフトバンクが転用を行っている1.7GHz帯のNR Band n3には対応していません。

4G(LTE)

AQUOS wish2 SH-51CがサポートするLTEのBandはB1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B39です。KDDIが運用しているFDD-LTE Band18やソフトバンクのFDD-LTE Band8にも対応しているものの、Band28(700MHz)やBand 11/21(1.5GHz)、TDD-LTE Band41(2.5GHz)には対応していません。

SIMカード

AQUOS wish2 SH-51CのSIMカードはnanoSIM×1です。2枚目のnanoSIMカードやeSIMを用いたDSDV(Dual SIM Dual VoLTE)運用に関する記述は仕様内に見られません。

なお、同じくドコモから投入されるAQUOS R7 SH-52CはnanoSIMとeSIMに対応しています。