DeskMeet B660/X300が国内で発売、どちらも3万円台から

ニュース新製品

2022年6月16日 14:00現在、有限会社ドーフィールドジャパンが運営するECサイト「PC4U」でASRockのベアボーンキット「DeskMeet B660」および「DeskMeet X300」の予約注文受付が行われています。価格はそれぞれ37,950円、30,690円(いずれも税込)です。

2022/06/24追記:国内発売日の2022年6月24日よりAmazon.co.jpでも取扱が開始されました。同日時点の価格ではDeskMeet X300が3万円未満で購入可能となっています。

スポンサーリンク

DeskMeetシリーズは2022年1月に発表された小型PC構築用ベアボーンキットです。2022年5月に開催されたCOMPUTEX 2022に合わせて発売が告知されていました。

ASRock > DeskMeet B660 Series

ASRock > DeskMeet X300 Series

従来の「DeskMini」シリーズよりも筐体サイズが大型化しており、PCI Expressスロットにグラフィックボードを取り付けてiGPUよりも高いグラフィック性能を確保する、トップフロータイプのCPUクーラーに代えて120mmラジエーターのAIO液冷クーラーを搭載する、1基の3.5インチHDDまたは2基の2.5インチHDD/SSDを搭載するといった様々な用途に対応可能です。また、ケーブル長をDeskMeetシリーズに合わせた500W / 80PLUS BRONZEのATX電源が搭載されています。

DeskMeet B660はLGA 1700ソケットを備えた「B660-ITX」で構成され、Intel 第12世代 Coreシリーズのデスクトップ向けCPU("Alder Lake-S")に対応しています。利用可能なプロセッサはPBP(Processor Base Power)が65Wまでのものに限られ、Core i9-12900K・Core i7-12700K・Core i5-12600KなどPBPの高いモデルには非対応です。

DeskMeet X300はSocket AM4の「X300-ITX」で構成され、AMD Ryzen 5000/3000/2000/1000シリーズのデスクトップ向けCPU、またはAMD Ryzen 5000/4000/3000/2000シリーズのデスクトップ向けAPUに対応しています。こちらも利用可能なプロセッサはTDP 65Wまでのものに限られるため、Ryzen 9 5950X・Ryzen 9 5900X・Ryzen 7 5800X3DなどTDP 105WクラスのCPUは搭載できません。

いずれも無線LANおよびBluetoothには標準で対応しておらず、ASRockから発売されている「M.2 WiFi 6E kit」等で無線LAN/Bluetoothモジュールとアンテナを追加する必要があります。