GIGABYTE、「A520 AORUS ELITE」などA520マザーボード7モデルを発表

ニュース 新製品

GIGABYTEは8月18日、AMD A520チップセットを採用するSocket AM4マザーボードを発表しました。

GIGABYTE Launches AMD A520 Chipset Motherboards | News - GIGABYTE Global

スポンサーリンク

今回発表されたのは以下の7モデルです。

各モデルともCPUは第3世代Ryzen/Ryzen XTシリーズ("Matisse")、APUはRyzen 4000/Ryzen PRO 4000シリーズ("Renoir")のみをサポートし、第2世代Ryzenシリーズ("Pinnacle Ridge")・Ryzen 3000シリーズ("Picasso")以前のCPU・APUはサポート対象に含まれていません。

A520 AORUS ELITEは4基のDIMMスロット(最大128GB/DDR4-4400(CPU)または4733(APU)まで)、1基のPCI Express 3.0 x16スロット・1基のPCI Express 3.0 x16スロット(チップセット接続、x2動作)・3基のPCI Express 3.0 x1スロット、1基のM.2 Key Mソケット(2242/2260/2280/22110対応)、背面パネルに1基のUSB 3.2 Gen 2 Standard-A端子を備えます。
オーディオチップはRealtek ALC1200を搭載し、アナログオーディオ出力に加えてS/PDIFをサポートしています。

A520M AORUS ELITEは4基のDIMMスロット(最大128GB/DDR4-4400(CPU)または4733(APU)まで)、1基のPCI Express 3.0 x16スロットと2基のPCI Express 3.0 x1スロット、1基のM.2 Key Mソケット(2242/2260/2280対応)を備えます。

唯一のMini-ITXモデルとなるA520I ACは2基のDIMMスロット(最大64GB/DDR-5100(CPU)または5300(APU)まで)、1基のPCI Express 3.0 x16スロット、1基のM.2 Key Mソケット(2260/2280対応)を備え、Intel Wireless-AC 3168による最大433Mbpsの無線LAN(IEEE 802.11ac/a/b/g/n)に対応しています。

コメント