MAYA SYSTEM、"クラウドSIM"対応の「jetfon S20i」を法人向けに発売

ニュース 新製品

株式会社MAYA SYSTEMは11月13日、Androidスマートフォン「jetfon S20i」の販売を法人契約限定で開始しました。

リモートワークや業務端末向けスマートフォン「jetfon S20i」法人契約限定で販売開始

本体について | jetfon S20i

スポンサーリンク

2019年5月に発売された「jetfon P6」以来約1年半ぶりとなる「jetfon」ブランドのスマートフォンで、「jetfon」(2018年発売)の後継機種と位置付けられています。

従来モデルと同じくMAYA SYSTEMの「クラウドSIMテクノロジー」に対応しており、SIMカードの入れ替えを必要とせず日本を含む世界各地のモバイルネットワークに接続することが可能です。また、2基のnanoSIMスロット(クラウドSIM利用時はどちらかのスロットを占有、スロット2はmicroSDカードと排他使用)

対応する通信方式・周波数帯は以下の通りです。初代jetfonでサポートされていたTD-SCDMA・CDMA2000は省略され、TDD-LTE Band34(2.0GHz)およびキャリアアグリゲーション(CA)に対応しています。

  • GSM:850/900/1800/1900MHz
  • W-CDMA:B1/2/4/5/8/19
  • FDD-LTE:B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28
  • TDD-LTE:B34/38/39/40/41

SoCはQualcomm Snapdragon 636 SDM636、4GBのRAMと64GBの内蔵ストレージ、ノッチ有りのIPS液晶ディスプレイ(6.23インチ・1080×2280ピクセル)を搭載しており、スペックとしては2018~2019年頃のミドルレンジモデルに相当します。

コメント