NTT西日本、関西国際空港 連絡橋の損傷に伴う通信サービスへの影響を公開(復旧済み)

ニュース

NTT西日本 大阪支店は9月5日、「関西国際空港エリアにおける通信サービスへの影響について(第1報)」を公開しました。

関西国際空港エリアにおける通信サービスへの影響について(第1報) – NTT西日本 大阪支店

スポンサーリンク

9月4日の台風21号上陸・通過時に強風で流されたタンカーが衝突した関西国際空港の連絡橋ですが、通信設備にも損傷が発生し関西国際空港エリアで通信サービスが利用できない状態になっているようです。

関空連絡橋にタンカー衝突=強風で流され、けが人なし-空港、高潮で被害も・大阪...
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018090400755&g=wth
 4日午後1時半ごろ、関西国際空港(大阪府泉佐野市)と対岸を結ぶ連絡橋にタンカー「宝運丸」(2591トン、全長89メートル)が衝突した。第5管区海上保安本部(神戸市)などによると、乗組員11人にけがはなかった。台風による強風で流されたとみられる。...
時事ドットコム

影響を受けているのは

  • フレッツ光:約660回線
  • ひかり電話等:約20回線
  • 加入電話:約45回線
  • INSネット:約10回線
  • 専用線等:約95回線

の各サービスで、タンカー衝突後の4日 13:45頃より障害が発生し、現時点で復旧の見込みは立っていないとのことです。

※2018/09/06 23:00追記関西国際空港エリアにおける通信サービスへの影響について(終報)によると9月6日 21:07にすべて復旧したようです。

コメント