ASRock、PCIe 5.0 SSD対応の小型ベアボーン「DeskMini B660」を発表

ニュース新製品

ASRockは2022年1月7日、ベアボーンキット「DeskMini B660」を発表しました。日本国内における販売予定や価格などは同日時点で明らかにされていません。

ASRock Launches DeskMini B660 Series Mini Size, Mighty Power With Cutting-edge Technology

スポンサーリンク

DeskMini B660はIntel B660チップセットを搭載し第12世代Coreシリーズ("Alder Lake-S")のCPUに対応するモデルで、Intel H470を搭載し第10/11世代Coreシリーズに対応する現行モデル「DeskMini H470」の後継機種となります。同時に発表された「DeskMeet B660」はPCI Express拡張ボードや3.5インチHDDを取り付けられる大型の筐体を用いていますが、DeskMini B660は現行DeskMiniシリーズと変わらないサイズになるようです。

対応メモリがDDR4-2933からDDR4-3200に変更された他、M.2 SSDスロット(M.2 2280対応)2基のうち1基がPCI Express 5.0に対応するとされています。PCI Express 5.0対応のM.2 SSDは2022年1月時点で未発売ですが、PCI Express 5.0をサポートするコントローラとしてPhison Electronicsの「PS5026-E26」、Marvellの「Bravera SC5」が発表済みです。また、ASUS「ROG MAXIMUS Z690 APEX」はPCI Express x16スロット(x8動作)に接続する「PCIE 5.0 M.2 card」経由でPCI Express 5.0接続のM.2 SSDに対応しています。

フロントパネルのUSB Type-C端子はDeskMini H470のUSB 3.2 Gen 1からUSB 3.2 Gen 2x2に変更され、対応機器との間で最大20Gbpsの通信が可能です。リアパネルのUSB 3.2 Gen 1 Type-C端子がDisplayPort Alternate Modeによる映像出力をサポートする点はDeskMini H470と変わりません。

ネットワーク部分については1基の1000BASE-T端子および無線LANモジュール用M.2スロットを備えており、現行製品と変わりません。