au、WiMAX2+対応据置型ルーター「Speed Wi-Fi HOME」を発表

ニュース新製品

KDDI/沖縄セルラー電話は1月11日、auの2017年春モデルとしてWiMAX2+に対応したルーターの新製品「Speed Wi-Fi HOME L01」(HWS31)を発表しました。

2月中旬に発売される予定です。

工事不要でかんたん設置! 自宅で快適高速インターネット ホームルーター「Speed Wi-Fi HOME」提供開始 | 2017年 | KDDI株式会社

スポンサーリンク

au向けとして初のWiMAX2+対応据置型ルーター

Speed Wi-Fi HOME L01はこれまでauで「Speed Wi-Fi NEXT」「Wi-Fi WALKER」のブランドで販売されてきたモバイルルーターとは異なり、コンセントからの電源供給を必要とする据置型のルーターです。

IEEE 802.11ac及びa/b/g/nに対応し、有線接続用のLAN端子を2基備えます。

プランはモバイルルーターと同一

工事不要で利用できる点を訴求するBWA回線対応の据置型ルーターとしてはソフトバンクが販売している「SoftBank Air」がありますが、独自のプランが提供されている同製品とは異なりSpeed Wi-Fi HOME L01では現行モバイルルーターと同じ「WiMAX 2+ フラット for DATA EX」「WiMAX 2+ フラット for DATA」のいずれかを利用することになります。

WiMAX2+に加えてauのLTEネットワークにも対応している点や、auの携帯電話とセットで契約した際に「auスマートバリュー mine」で料金が割り引かれる点も同じです。

なお、SoftBank Airのような利用場所の制限はありません。

novas Home+CAとの比較

Speed Wi-Fi HOME L01の方がサイズ・消費電力が大きいものの、WiMAX2+/au 4G LTE通信速度はnovas Home+CAを上回っています。

 

Speed Wi-Fi HOME L01

novas Home+CA

下り通信速度(WiMAX2+)最大440Mbps最大220Mbps
上り通信速度(WiMAX2+)最大30Mbps最大10Mbps
下り通信速度(au 4G LTE)最大225Mbps非対応
LAN端子1000BASE-T x 21000BASE-T x 2
USB端子1基なし
NFCによる接続設定対応非対応
サイズ高さ180 x 幅93 x 奥行き93mm高さ162 x 幅130 x 奥行き69mm(アンテナ含)
重量493g317g(アンテナ含)
最大消費電力24W11W

 料金はこちらの記事に記載しています。

Speed Wi-Fi HOME L01/L01sの月額料金を調べる
2017年2月に発売された「Speed Wi-Fi HOME L01」(HWS31)、及び2017年12月に発売された後継機種「Speed Wi-Fi HOME L01s」(HWS32)の料金プランを調べてみました。 ※2018/2/14...

コメント