BUFFALOの「FREESPOT」向けAP2機種がWPA3/Enhanced Openに対応

ニュース

株式会社バッファロー(BUFFALO)は3月11日、公衆無線LAN導入キット「FS-M1266」「FS-S1255」がWPA3-Personal/EnterpriseおよびWi-Fi Enhanced Openに対応したことを発表しました。

公衆Wi-Fi導入キット2商品が最新Wi-Fiセキュリティー規格「WPA3™」および「Wi-Fi Enhanced Open™」に対応 | バッファロー

FS-M1266 ファームウェア (Windows) : ダウンロード | バッファロー
FS-S1266ファームウェア (Windows) : ダウンロード | バッファロー

スポンサーリンク

BUFFALOの法人向けアクセスポイント「WAPM-2133TR」「WAPM-1266R」「WAPM-1266WDPR」「WAPS-1266」の4機種は2019年3月にファームウェアアップデートでWPA3/Wi-Fi Enhanced Openをサポートしていますが、今回は「FREESPOT」に対応する公衆無線LAN環境構築向けの2機種が追加されました。

3月11日から配信が開始されたファームウェアの導入が必要です。

リモート管理に対応しルーターとしての機能を備える「FS-M1266」はWPA3-Personal・WPA3-Enterprise・Wi-Fi Enhanced Openの全てに対応しますが、小規模拠点向けの「FS-S1266」はWPA3-Personal・Wi-Fi Enhanced Open対応となっています。

また、FREESPOTの共通SSID「FREESPOT」「'freespot'=SecurityPassword(AES)」ではWPA3・Wi-Fi Enhanced Openは利用できません。

コメント