BUFFALOのメッシュネットワーク製品にデュアルバンドモデルが追加

ニュース新製品

株式会社バッファローは10月17日、無線LANルーター「WRM-D2133HP」を発表しました。

11月上旬以降に発売される予定です。

家族のライフスタイルに、いちばんのWi-Fiを。(※) 独自メッシュ機能対応の「AirStation connect」に 11ac 4×4デュアルバンドWi-Fiルーター(親機)を追加発売|株式会社バッファロー BUFFALO

スポンサーリンク

2018年8月に発表されたメッシュネットワーク製品のブランド「AirStation connect」に含まれる新製品で、トライバンド構成のWTR-M2133HPとは異なり5GHz帯(IEEE 802.11ac/最大1,733Mbps)と2.4GHz帯(IEEE 802.11n/最大400Mbps)のデュアルバンド構成です。

筐体形状はSpeed Wi-Fi HOME L01やSoftBank Airターミナルのような筒形で、WTR-M2133HPよりもコンパクトになっています。
また、WTR-M2133HPに備わっていたW56専用の外部アンテナは廃されています。

専用中継機のWEM-1266と組み合わせてメッシュネットワークを構築できる点や、専用アプリ「connect」での管理が可能な点はWTR-M2133HPと変わりません。

WRM-D2133HPWTR-M2133HP
通信速度
(5GHz帯1)
1,733Mbps866Mbps
通信速度
(5GHz帯2)
非対応866Mbps
通信速度
(2.4GHz帯)
400Mbps400Mbps
アンテナ内蔵内蔵
(W56用のみ外部)
LAN端子3基
(1000BASE-T)
3基
(1000BASE-T)
USB端子なし1基
(3.0 Standard-A)

ルーター単体の他、1台のWRM-D2133HPと1台のWEM-1266をセットにした「WRM-D2133HP/E1S」も発売される予定です。

コメント