富士ソフト、据え置きでも使えるモバイルルーター「+F FS040W」を発売 外部機器への給電にも対応

ニュース 新製品

富士ソフト株式会社は7月7日、モバイルルーター「+F FS040W」を発表しました。

同日より販売が開始されています。

富士ソフト、家のWi-Fiにもなるモバイルルーター「+F FS040W」の販売を開始! ~外でも家でもすぐにインターネット。モバイルルーターもホームルーターもこれ1台。~

+F FS040W 製品詳細|富士ソフト株式会社

富士ソフト +F FS040W
富士ソフト
¥19,580(2020/07/07 16:46時点)
スポンサーリンク

FS040WはFDD-LTE/TDD-LTE/W-CDMAに対応するSIMロックフリーのモバイルルーターで、2016年に発売された「+F FS030W」の後継モデルとなります。

FS030Wではオプションの専用クレードル(CRDFS030W)が併売されていますが、FS040Wは同じくオプションとして「専用ホームキット」(HKTFS040W)が販売されます。ホームキットに接続した状態では有線LAN接続が可能になる他、無線LANの通信速度が最大867Mbps(FS040W単体では最大433Mbps)、最大同時接続台数が32台(単体では15台)に拡張されます。

バッテリー容量はFS030Wと変わらない3,060mAhで、FS040Wから外部の機器へ給電できる「バッテリー給電モード」が追加され、バッテリーを抜いた状態でのACアダプタ駆動も引き続きサポートされています。
外部接続端子はUSB 2.0 Micro-BからUSB 3.0 Type-Cに変更されました。

FS040WとFS030Wの主な違いは以下の通りです。

FS040WFS030W
通信速度
(無線LAN)
最大433Mbps(単体)
最大867Mbps(ホームキット)
最大433Mbps
通信速度
(LTE)
下り最大300Mbps
上り最大50Mbps
下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
Bluetooth非対応対応
対応Band(LTE)B1/3/8/11/18/19/21/26/41B1/3/8/11/18/19/21
対応Band(W-CDMA)BⅠ/Ⅵ/ⅩⅨBⅠ/Ⅵ/ⅩⅨ
SIMカードnanoSIM×1microSIM×1
外部接続端子USB 3.0 Type-CUSB 2.0 Micro-B
バッテリー容量3,060mAh3,060mAh
連続通信時間(LTE)最大20時間最大20時間
URLフィルタリング対応非対応
APN自動設定対応対応

コメント