TP-Link、IPv4 over IPv6/WPA3対応ルーター「Archer A6」を発売

ニュース 新製品

ティーピーリンクジャパン株式会社は7月9日、無線LANルーター「Archer A6」を発表しました。

7月30日に発売される予定です。

WPA3、IPv6 IPoE対応ルーター が 税抜3,000円台で登場! MU-MIMO Wi-Fiルーター「Archer A6」 7月30日(木)より販売開始 | TP-Link 日本

スポンサーリンク

Archer A6は5GHz帯でIEEE 802.11acによる最大867Mbps(2ストリーム/80MHz)、2.4GHz帯でIEEE 802.11nによる最大300Mbps(2ストリーム/40MHz)の通信に対応する「AC1200」クラスの製品で、IEEE 802.11ac対応ルーターの中ではエントリーモデルに位置付けられます。
筐体デザインは先日発表された「Archer C80」に近く、4基の外部アンテナを備えMU-MIMO・ビームフォーミングに対応しています。

暗号化方式としてWPA/WPA2に加えてWPA3(WPA3-Personal)をサポートする他、PPTP/OpenVPNサーバー機能も利用できます。

WAN端子は1基、LAN端子は4基でいずれも1000BASE-Tまでの対応です。USB端子は搭載されていません。

TP-Linkの「AC1200」製品として初めてフレッツ網におけるIPv6 IPoE接続およびIPv4 over IPv6通信がサポートされ、日本ネットワークイネイブラー(JPNE)の「v6プラス」、インターネットマルチフィード(MFEED)の「transix」が利用可能とされています。

コメント