GIGABYTE製12GB版RTX 2060の型番が明らかに、OCモデルを含む4種で投入予定

ニュース

Eurasian Economic Commission(EEC)のウェブサイトに2021/11/15付でGIGABYTE TECHNOLOGY Co., Ltd.のNVIDIA GeForce RTX 2060搭載グラフィックボードと見られる製品の型番が掲載されました。

Графические процессоры (видеокарты) торговой марки «GIGABYTE»

スポンサーリンク

今回掲載された型番は「GV-N2060OC-12GD」、「GV-N2060D6-12GD」、「GV-N2060WF2OC-12GD」、「GV-N2060WF2-12GD」の4種です。

「N2060」は既存のRTX 2060搭載モデルと共通、かつ末尾「12GD」部分が12GBのVRAMを搭載しているRTX 3060・RTX 3080 Ti搭載モデルと一致することから、いずれもVRAMが12GBに増量されたRTX 2060搭載モデルであることが見て取れます。

命名法則が既存のRTX 2060搭載モデルと同一であれば、それぞれ

  • GeForce RTX 2060 OC 12G(GV-N2060OC-12GD)
  • GeForce RTX 2060 D6 12G(GV-N2060D6-12GD)
  • GeForce RTX 2060 WINDFORCE OC 12G(GV-N2060WF2OC-12GD)
  • GeForce RTX 2060 WINDFORCE D6 12G(GV-N2060WF2D6-12GD)

のような製品名で発売されると思われます。

なお、今回公開された情報から読み取れるのは搭載GPUとVRAM容量のみで、グラフィックボードごとの詳細な仕様、実際の売価などは不明です。

GeFroce RTX 2060は"Turing"世代のTU106(後にTU104版も限定的に投入)を用いる製品として2019年1月に発表され、既に投入から相当の期間を経ているものの、2021年3月にはグラフィックボードの需要増加・在庫払底を受けRTX 2060搭載モデルが再投入されています。