阪急阪神ホールディングス、無料の「HH cross Wi-Fi」を11月開始・要専用アプリ

ニュース新サービス

阪急阪神ホールディングス株式会社は2021年10月28日、公衆無線LANサービス「HH cross Wi-Fi」の提供を2021年11月1日から開始することを発表しました。

「HH cross Wi-Fi」サービスが11月1日(月)からスタート

スポンサーリンク

HH cross Wi-Fiは2021年11月から阪急電鉄京都線の9300系車両および「京とれいん」・「京とれいん 雅洛」、阪急西宮ガーデンズ本館 共用通路部分において提供される予定です。

無料で1日あたり3回・1回あたり最大60分までのインターネット接続を利用できますが、ブラウザ上で認証を行うことで接続できる一般的な無料の公衆無線LANサービスと異なり、アクセスポイントへの接続には会員登録に加えて専用のAndroid/iOS向けアプリが必要になるため、利用可能な機器はAndroid/iOSが動作するスマートフォンやタブレット等に限られます。

通信の暗号化にはWPA2-PSKが用いられています。

なお、他の公衆無線LANサービスとして訪日旅行者向けの「HANKYU-HANSHIN WELCOME Wi-Fi」(NTTBPの『Japan Wi-FI auto-connect / Japan Connected-free Wi-Fi』対応)、「HANKYU TRAIN FREE Wi-Fi」(SNSアカウントまたはメールアドレス認証)が提供中です。