バッファロー、WSR-1500AX2SのEasyMesh対応を2021年10月から12月に延期

ニュース

株式会社バッファローは2021年10月28日、無線LANルーター「WSR-1500AX2Sシリーズ」におけるメッシュネットワーク標準規格「Wi-Fi EasyMesh」対応予定時期の変更を公表しました。

手軽に家じゅう快適インターネット!「Wi-Fi EasyMesh™」(イージーメッシュ) | バッファロー

スポンサーリンク

対象となるWSR-1500AX2Sシリーズは2021年9月に発売されたエントリーモデルのIEEE 802.11ax(Wi-Fi 6)対応無線LANルーターです。Wi-Fi EasyMeshは発売時点で実装されておらず、ファームウェアアップデートによる対応が2021年10月に予定されていました。

対応ファームウェアが公開されないまま迎えた2021年10月28日付でWi-Fi EasyMesh特設ページの対応予定時期が更新されており、対応ファームウェアの提供時期が2021年10月から2021年12月に延期された旨の表記が確認できます。

なお、バッファロー製Wi-Fi 6ルーターではハイエンドモデルのWXR-6000AX12S・WXR-5950AX12もWi-Fi EasyMesh対応が2度延期されており、現時点では2021年11月に対応予定です。