NEC「WX5400HP」発売、セキュリティ・メッシュ中継機能搭載のWi-Fi 6ルーター

ニュース新製品

NECプラットフォームズ株式会社は2022年2月3日、無線LANルーター「Aterm WX5400HP」(PA-WX5400HP)を発表しました。価格はオープンで2022年2月10日に発売される予定です。

Aterm WX5400HP | 製品一覧 | AtermStation

スポンサーリンク

WX5400HPは5GHz帯でIEEE 802.11ax(Wi-Fi 6)による最大4,804Mbps(4ストリーム/160MHz)、2.4GHz帯で同574Mbps(2ストリーム/40MHz)の通信に対応するデュアルバンド「AX5400」クラスの製品で、MU-MIMOおよびビームフォーミングをサポートしています。

WAN端子は1基、LAN端子は4基でいずれも1000BASE-Tまでの対応に留まり、Aterm WX6000HP/AX6000HPがサポートしている10GBASE-TやAterm WX3600HPがサポートしている2.5GBASE-Tなどの規格による有線部分のマルチギガビット通信には非対応です。USB端子は備わっていません。

NTT東西のフレッツ網におけるIPv4 over IPv6接続サービスは「transix」・「v6プラス」・「IPv6オプション」・「OCNバーチャルコネクト」(動的IPのみ)・「クロスパス」・「v6 コネクト」に対応しています。

一般の販路で流通するAtermブランドのWi-Fi 6ルーターとしては初めてメッシュ中継機能に対応しており、IEEE 802.11ac(Wi-Fi 5)世代のAterm WG2600HP4/WG1200HP4など他のメッシュ中継機能対応製品と組み合わせてメッシュネットワークを構築可能です。

Wi-Fi 6非対応のWG2600HP4/WG1200HP4とはWi-Fi 5またはWi-Fi 4(IEEE 802.11n)で接続されます。また、WG1200HP4は2022年春以降に提供される予定のファームウェアアップデートで接続可能になります。

トレンドマイクロとの協業により「ホームネットワークセキュリティ」が実装されており、不正な無線LAN機器の接続遮断、有害なサイトへのアクセス制限、ペアレンタルコントロールなどの機能を利用できます。