NTT東/IPA、SSL-VPN経由のリモートアクセスが可能な「シン・テレワークシステム」を無償提供

ニュース 新サービス

東日本電信電話株式会社(NTT東日本)および独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は4月21日、リモートアクセスサービス「シン・テレワークシステム」を公開しました。

NTT東日本とIPAによる「シン・テレワークシステム」の緊急構築と無償開放について~職場や大学のパソコンに自宅から安全にアクセスし在宅勤務や研究等の継続が可能~ | お知らせ・報道発表 | 企業情報 | NTT東日本

NTT 東日本 - IPA 「シン・テレワークシステム」 新型コロナウイルス対策用 テレワークシステム 緊急構築・無償開放・配布ページ

スポンサーリンク

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大に伴う緊急事態宣言の発令や在宅勤務の需要増大に対応するもので、勤務先等に設置された接続を受け付けるPCに「シン・テレワークシステム」サーバー、自宅等にあるPCに「シン・テレワークシステム」クライアントをインストールすることで、SSL-VPN(TLS 1.3)を介したクライアントからサーバーへのリモートアクセスが可能となります。
インターネット接続環境があればユーザー登録やサービスの契約は不要で利用できます。

通常はパスワードによる認証となりますが、証明書やRADIUSによる認証もサポートされています。

現時点では2020年10月31日までの期間限定での提供とされており、実験段階のシステムが現状有姿で提供される形態上、保証やサポート等は一切含まれていません。

提供に際してはNTT東日本・IPAの他、以下の要素の組み合わせで構成されています。

  • 「Desktop VPN」コード(ソフトイーサ株式会社)
  • 「SoftEther VPN」オープンソース版 ソースコード
  • 筑波大学 OPEN(Open Public External Network) 光ファイバー網
  • KADOKAWA Connected バックボーン網

コメント