Palit、大型ヒートシンクでファンレスを実現したGTX 1650搭載グラフィックボードを発表

ニュース 新製品

台湾Palit Microsystemsは2月7日、グラフィックボード「GeForce GTX 1650 KalmX」を発表しました。

Palit releases the Passive Solution:GeForce GTX1650 KalmX.

スポンサーリンク

2スロットを占有するボードに大型のヒートシンクとヒートパイプが取り付けられ、これによりGTX 16シリーズのGPUを搭載したグラフィックボードとしては珍しい完全ファンレス駆動を実現しています。

GPUクロックは同社のシングルファンモデル「GeForce GTX 1650 StormX」と同じくベースクロック1,485MHz/ブーストクロック1,665MHzでGDDR5 4GBのVRAMを搭載し、映像出力端子としてHDMI 2.0b端子を1基、DisplayPort 1.4a端子を2基備えます。

Palitは"Pascal"世代でも大型ヒートシンクでファンレス駆動が可能な「GeForce GT 1030 KalmX」「GeForce 1050 Ti KalmX」を投入しており、後者については国内でも販売されています。

Palit NE5105T018G1-1070H (GeForce GTX1050Ti 4GB KalmX) |パソコン通販のドスパラ【公式】

コメント