SHAPR、有機ELディスプレイ搭載スマートフォン「AQUOS zero」を発表

ニュース新製品

シャープ株式会社は10月3日、Androidスマートフォン「AQUOS zero」を発表しました。

AQUOS zero を商品化|ニュースリリース:シャープ

スポンサーリンク

AQUOS zeroは「AQUOS」ブランドのスマートフォンとして初めてディスプレイに6.2インチ WQHD+(1440×2960ピクセル・ノッチあり)の有機ELを採用し、DCI-P3色域カバー率100%を達成しているほかHDRにも対応します。

IFA 2018に有機ELディスプレイ搭載スマートフォンが参考出品されていましたが、これを商品化したものとなるようです。

重量は146gで、6インチ以上のディスプレイと3,000mAh超のバッテリーを搭載したスマートフォンとして世界最軽量を謳っています。

SoCはQualcomm Snapdragon 845 SDM845、RAMは6GB、ストレージは128GB(UFS)です。

価格や発売時期は明らかにされていませんが、国内携帯電話会社の2018年冬モデルとして発売されると思われます。

コメント