TP-Link、ゲーミング無線LANルーター「Archer C5400X」を発表

ニュース新製品

ティーピーリンクジャパン株式会社は1月30日、無線LANルーターの新製品「Archer C5400X」を発表しました。

4月上旬に発売される予定です。

トライバンド接続に対応した超高速のゲーミング無線LANルーター『Archer C5400X』 4月上旬より販売開始

スポンサーリンク

TP-Linkの国内向け製品では初となるゲーミング市場を強く意識したデザインで、カラーリングは黒と赤を基調とし、ASUSのROG Rapture GT-AC5300のような本体から大きくせり出した8基のアンテナを備えています。

1.8GHz駆動のクアッドコアCPUと1GBのRAMに加え、ファイル共有に利用できる16GBのストレージを搭載しているとのことです。

無線側の通信速度は最大2,167Mbps(5GHz帯1)+2,167Mbps(5GHz帯2)+1,000Mbps(2.4GHz帯)で既存のArcher C5400と変わりません。

1000BASE-T対応のRJ-45端子をWAN側に1基、LAN側に8基搭載し、内2基でのリンクアグリゲーションに対応しています。

その他、公式アプリ「Tether」による初期設定時にBluetoothでの接続が可能になりました。


また、スマートプラグ「HS105」も同時に発表されています。

こちらは3月下旬に発売される予定です。

ティーピーリンクジャパンより初のIoT製品が登場!ミニスマート Wi-Fi プラグ 『HS105』 3月下旬に販売開始

専用アプリ「Kasa」をインストールしたAndroid/iOS端末、又はGoogleアシスタント/Amazon Alexaから家庭内の電源を操作できます。

HS105の製品ページにはHS200(スイッチ)HS110(消費電力の管理に対応)RE270K/RE370K(Wi-Fi中継機一体型)といった国内未発売の製品を含む比較表が掲載されていますが、HS105以外の製品の発売予定に関しては明らかになっていません。

コメント