ヤマハ、RTX1210/RTX830で「OCNバーチャルコネクト」に対応

ニュース

ヤマハ株式会社は6月10日、VPNルーター「RTX1210」「RTX830」向けの「OCNバーチャルコネクト」対応版ファームウェアを提供することを発表しました。

6月末までに提供される予定です。

ヤマハルーター『RTX1210』 『RTX830』 に新たな機能を追加 「OCNバーチャルコネクトサービス」に対応するファームウェアを公開 – ニュースリリース – ヤマハ株式会社

スポンサーリンク

RTX1210/RTX830は既にDS-LiteMAP-E(『v6プラス』)に対応していますが、今回のファームウェアアップデートで「OCNバーチャルコネクト」も利用できるようになります。

なお、OCNのIPoEサービスではRTX830相当の「IPoE対応ルーター 02」が既に提供されています。

回線に接続するだけで必要な設定が自動的に行われるエコノミータイプ(IPoE対応ルーター01)に加え、クラウド接続に最適な上位機種モデルのスタンダードタイプ(IPoE対応ルーター02)から選択いただけます

https://www.ntt.com/business/services/network/internet-connect/ocn-business/ftth/ipoe.html

コメント