ヤマハ、初のトライバンド対応アクセスポイントを発表

ニュース新製品

ヤマハ株式会社は4月4日、無線LANアクセスポイント「WLX313」を発表しました。

5月に発売される予定です。

当社初のトライバンド対応により、最大150台接続可能なモデルが登場 ヤマハ無線LANアクセスポイント『WLX313』 – 接続台数の自動分散やチャンネル切り替えなど、安定した通信のための機能を強化、5月発売

スポンサーリンク

従来の同社製アクセスポイントでも利用可能だった2.4GHz帯と5GHz帯に加えて新たに5GHz帯1波を追加したトライバンド構成で、バンド毎に50台=最大150台の接続が可能になっています。

特定のバンドに通信が集中しないよう子機を各バンドに均等に割り振る機能や、DFS対象帯域でレーダー波検出からチャンネル変更を迅速に行う「Fast DFS」により安定した通信を実現するとされています。

4基の外部アンテナ端子を備え、付属のショートポールアンテナを接続することも可能です。

コメント