MerakiのWi-Fi 6E AP「MR57」がWi-Fi Allianceの認証を通過、シリーズ初の6GHz対応機に

ニュース認証情報

2021年12月23日 21:00現在、Wi-Fi Allianceのウェブサイトに「Meraki, Inc.」の「Cisco Meraki MR57(MR57-HW)」が掲載されています。Meraki MRシリーズでは初めてのWi-Fi 6E対応アクセスポイントとして投入されると思われます。

Product Finder Results | Wi-Fi Alliance(『Meraki, Inc.』の検索結果)

スポンサーリンク

MR57のカテゴリは「Enterprise/Service Provider Access Point, Switch/Controller or Router」、「Wi-Fi Component Operating System」は「Meraki Cloud Controller」で、現在販売されているMeraki MRシリーズの製品と同様にクラウド管理対応の無線LANアクセスポイントとしての投入が予想されます。

Wi-Fi Allianceの認証情報から確認できる内容は限られているものの、「6GHz Spectrum Capabilities」および「Wi-Fi CERTIFIED 6」内の「Wi-Fi 6E」が含まれていることから、5GHz帯・2.4GHz帯に加えて6GHz帯のIEEE 802.11ax(Wi-Fi 6E)をサポートしていることが見て取れます。Meraki MRシリーズのWi-Fi 6E対応製品は2021年12月までに投入されておらず、MR57が初の対応例になると思われます。

3つの周波数帯すべてが4T x 4Rの空間ストリーム構成となっており、6GHz帯および5GHz帯では80MHz幅、2.4GHz帯では20MHz幅の運用に対応しています。

6GHz・5GHz帯における4ストリーム/80MHz幅時の通信速度は最大2,402Mbpsですが、2.4GHz帯の帯域幅が認証情報通り20MHz幅までに留まった場合、2.4GHz帯の通信速度は4ストリーム/20MHzで574Mbpsとなり、4ストリーム/40MHzをサポートしている現行製品のMR56・MR46から半減することになります。(実機が投入される際の仕様は現時点で不明)

暗号化関連の認定対象プログラムは従来と変わらず、WPA3-Personal/Enterprise・WPA2-Personal/Enterprise・WPA-Personal/EnterpriseおよびWi-Fi Enhanced Openに対応するようです。

MR57
(未発表)
MR56
(現行製品)
MR46
(現行製品)
最大通信速度
(6GHz帯)
2,402Mbps?
(4str/80MHz)
--
最大通信速度
(5GHz帯)
2,402Mbps?
(4str/80MHz)
4,804Mbps
(8str/80MHz)
2,402Mbps
(4str/80MHz)
最大通信速度
(2.4GHz帯)
574Mbps?
(4str/20MHz)
1,147Mbps
(4str/40MHz)
1,147Mbps
(4str/40MHz)
Bluetooth不明Bluetooth Low EnergyBluetooth Low Energy
有線インターフェイス不明5GBASE-T×12.5GBASE-T×1

Wi-Fi 6E対応アクセスポイントは6GHz帯の開放から日が浅いためか製品数が限られており、Aruba AP-630シリーズやExtreme Networks AP4000が発表されている程度です。

Aruba 630 Series Access Points Data Sheet | Aruba

ap4000-data-sheet.pdf