NEC-PF、「WG2600HP4」などメッシュ対応モデルを含むルーター4機種を同時発売

ニュース 新製品

NECプラットフォームズ株式会社は10月5日、無線LANルーター

を発表しました。

いずれも価格はオープンで、10月8日に発売される予定です。

メッシュ中継機能を搭載したWi-Fi 5対応ホームルータを発売

スポンサーリンク

仕様概略

WG2600HP4WG2600HS2WG1200HP4WG1200HS4
クラスAC2600AC2600AC1200AC1200
対応通信規格IEEE 802.11ac
/a/b/g/n
同左同左同左
最大通信速度
(5GHz帯)
1,733Mbps
(4str/80MHz)
同左867Mbps
(2str/80MHz)
同左
最大通信速度
(2.4GHz帯)
800Mbps
(4str/40MHz)
同左300Mbps
(2str/40MHz)
同左
W56 144ch対応対応対応対応
WAN端子1000BASE-T×1同左同左同左
LAN端子1000BASE-T×41000BASE-T×41000BASE-T×3同左
WPA3対応対応対応対応
バンドステアリング対応非対応対応非対応
メッシュ
中継機能
※1
対応非対応対応 ※2非対応
フレッツ網での
IPv4 over IPv6
※3
対応対応対応対応

※1:同じく「メッシュ中継機能」に対応するIEEE 802.11ax("Wi-Fi 6")対応ルーター「AX1800HP」については2020/10/05時点で未発表

※2:中継機として利用可能な機種はWG1200HP4のみ

※3:IPv6 IPoE/IPv4 over IPv6接続サービスは全モデルとも「transix」・「v6プラス」・「IPv6オプション」・「OCNバーチャルコネクト」・「クロスパス」に対応

WG2600HP4

2018年7月に発売されたWG2600HP3の後継機種となる4ストリーム対応モデルです。

5GHz帯でIEEE 802.11ac(Wi-Fi 5)による最大1,733Mbps(4ストリーム/80MHz)、2.4GHz帯でIEEE 802.11n(Wi-Fi 4)による最大800Mbps(4ストリーム/40MHz/256QAM)に対応する「AC2600」クラスの製品で、MU-MIMOおよびビームフォーミングをサポートします。

アンテナがWG2600HP3の「ワイドレンジアンテナ」に改良を加えた「ワイドレンジアンテナPLUS」に変更され、特定環境でのスループット向上が図られています。(『ワイドレンジアンテナPLUS』搭載モデルはWG2600HP4のみ)
なお、NECプラットフォームズは従来から製品ごとに実効スループットを公表していますが、WG2600HP3の5GHz帯:1,430Mbps/2.4GHz帯:660Mbpsに比べてWG2600HP4は5GHz帯:1,048Mbps/2.4GHz帯:600Mbpsとやや低下しています。

無線LANの暗号化方式はWPA3-SAE(WPA3-Personal)・WPA/WPA2-PSK(TKIP/AES)・WEPに対応します。

WAN端子は1基、LAN端子は4基でいずれも1000BASE-Tまでの対応です。USB端子は備わっていません。

「メッシュ中継機能」に対応しており、同時に発表された他の「メッシュ中継機能」対応製品を子機(最大9台まで)とするメッシュネットワークの構築が可能です。

WG2600HS2

2019年1月に発売されたWG2600HSの後継機種となる4ストリーム対応の"スタンダードモデル"です。

5GHz帯でIEEE 802.11acによる最大1,733Mbps(4ストリーム/80MHz)、2.4GHz帯でIEEE 802.11nによる最大800Mbps(4ストリーム/40MHz/256QAM)に対応する「AC2600」クラスの製品で、MU-MIMOおよびビームフォーミングをサポートします。

無線LANの暗号化方式はWPA3-SAE(WPA3-Personal)・WPA/WPA2-PSK(TKIP/AES)・WEPに対応します。

WAN端子は1基、LAN端子は4基でいずれも1000BASE-Tまでの対応です。USB端子は備わっていません。

WG2600HP4が対応しているメッシュ中継機能・バンドステアリング・DMZホスト機能には非対応となっています。

WG1200HP4・WG1200HS4

2018年6月に発売されたWG1200HP3、同年10月に発売されたWG1200HS3の後継機種となる2ストリーム対応モデルで、WG1200HP4は"プレミアムモデル"、WG1200HS4は"スタンダードモデル"と位置付けられています。

なお、WG1200HS4は既に一部の通信事業者から「WG1200HS4(NE)」として同等仕様の機器が提供されています。

いずれも5GHz帯でIEEE 802.11acによる最大867Mbps(2ストリーム/80MHz)、2.4GHz帯でIEEE 802.11nによる最大300Mbps(2ストリーム/40MHz)に対応する「AC1200」クラスの製品で、MU-MIMOおよびビームフォーミングをサポートします。

WAN端子は1基、LAN端子は3基でいずれも1000BASE-Tまでの対応です。USB端子は備わっていません。

WG1200HP4は「メッシュ中継機能」に対応していますが、WG1200HP4をメッシュ親機とした場合にメッシュ中継機として利用できるのはWG1200HP4に限られ、WG2600HP4をメッシュ中継機としてWG1200HP4に接続することはできないとされています。
Aterm シリーズ メッシュ中継機能 対応機種情報| 目的別で探す| サポート情報

コメント