Atermシリーズのルーター2機種に脆弱性・対策版FW配信中

ニュース

NECプラットフォームズ株式会社は12月13日、「WF1200CR・WG1200CRにおけるセキュリティ向上について」を公開しました。

WF1200CR・WG1200CRにおけるセキュリティ向上について

スポンサーリンク

対象製品は2018年に発売された「Aterm WG1200CR」と2017年に発売された「Aterm WF1200CR」の2つで、いずれもLAN側からの不正なアクセスによってスクリプトやOSコマンドの実行、ルーターに登録されている情報の取得が可能になる場合があるようです。

同時に対策版ファームウェアが公開されており、Atermのサポートページからダウンロード可能です。

Aterm WG1200CR/WF1200CRバージョンアップのお知らせ

2018年6月に確認された同様の脆弱性に比べると対象となる製品は少ないものの、早期のアップデートが必要と思われます。

Atermシリーズの一部製品における不正アクセスへの対策が告知される
NECプラットフォームズ株式会社は6月28日、Atermサポートデスク内で「Aterm製品における不正アクセスに対するセキュリティ向上について」を公開しました。 Aterm製品における不正アクセスに対するセキュリティ向上について|At...

コメント