バッファロー、エントリークラスのWi-Fi 6 AP「WAPM-AX4R」を発売

ニュース新製品

株式会社バッファローは2022年6月2日、無線LANアクセスポイント「WAPM-AX4R」を発表しました。価格は54,780円(税込)で2022年8月上旬に出荷が開始される予定です。

WAPM-AX4R : 管理機能搭載アクセスポイント : AirStation Pro | バッファロー

スポンサーリンク

WAPM-AX4Rは5GHz帯でIEEE 802.11ax(Wi-Fi 6)による最大1,201Mbps(2ストリーム/80MHz)、2.4GHz帯で同573Mbps(2ストリーム/40MHz)の通信に対応するデュアルバンド「AX1800」クラスの製品で、MU-MIMOおよびビームフォーミングをサポートしています。

無線LANの暗号化方式はWPA3-Personal/Enterprise・WPA2-Personal/Enterprise・WPA-Personal/EnterpriseおよびWi-Fi Enhanced Openに対応しています。

2基の1000BASE-T対応端子を備え、内1基はIEEE 802.3at準拠のPoE受電が可能です。IEEE 802.3at対応スイッチやPoEインジェクターからの給電の他、別売の専用ACアダプタ「WLE-OP-AC12C」による駆動にも対応します。また、WAPM-AX4R専用のオプションとして端子部分を保護するセキュリティカバー「WLE-OP-SCD」が用意されています。

従来のバッファロー製アクセスポイントと同じくレーダー波到来時に干渉しないチャンネルへの切り替えを即時に行う「DFS障害回避機能」、無線LANシステム以外からの干渉を回避する「干渉波自動回避機能」が搭載されている他、複数のクライアントが同時に通信を行う際のスループットを安定させる「公平通信制御機能」が発売後のアップデートで実装される予定です。

上位モデルのWAPM-AX8Rに比べて5GHz帯・2.4GHz帯の空間ストリーム数が半減し、2.5GBASE-Tへの対応も省略されたエントリーモデルとなっています。