NTTドコモ、北海道全域の契約者に9月のデータ量制限無効化を適用

ニュース

NTTドコモは9月6日、平成30年北海道胆振東部地震の被災地域に対する支援措置を公開しました。

平成30年北海道胆振地方中東部を震源とする地震に係る災害救助法適用地域のお客さまに対する支援措置~データ通信の速度制限解除等を実施~

スポンサーリンク

現時点で10件の支援措置が公開されていますが、この中には災害救助法の適用地域に契約者住所・請求書送付先住所があるユーザーに対して9月6日から30日までの通信量が契約プランで定められた上限を越えても、30日までは通信速度の制限を実施しない措置が含まれています。

災害救助法は9月6日に北海道の全197市町村を対象として適用されているため、本措置は北海道全域のユーザーが対象となります。

この他、同じく災害救助法の適用地域を対象として、

  • 携帯電話オプション品(充電器・電池パック等)の無償提供
  • 携帯電話購入時の割引
  • 故障修理代金の一部減額
  • ケータイデータ復旧サービス」利用料の無償化
  • 新規契約・契約変更や機種変更に係る手数料の無償化
  • 受付手続きの緩和(ドコモショップでの手続き時、本人確認書類に不備がある場合でも後日の本人確認を条件に手続きが可能に)
  • ドコモ光利用料の無償化(要申し込み・ドコモショップやインフォメーションセンターで受付)
  • 破損・故障・紛失したドコモ光機器(ドコモ光ルーター 01・ドコモテレビターミナル)の無償提供
  • 9月請求分(8月利用分)料金の支払期限延長

といった措置が公開されています。

コメント