NTTドコモ、北海道釧路市で大ゾーン基地局の運用を開始(9/7終了)

ニュース

NTTドコモは9月6日、北海道釧路市での通信を「大ゾーン基地局」に切り替えたことを発表しました。

報道発表資料 : (お知らせ)北海道胆振地方中東部を震源とする地震に伴う、大ゾーン基地局の運用開始について | お知らせ | NTTドコモ

※2018/09/07追記:9月7日 14:45を以って運用を終了したとのことです。

スポンサーリンク

「大ゾーン基地局」はドコモが進めてきた災害対策の中に含まれるシステムで、停電や通信網切断により基地局の通常運用が困難になった場合に、通常の基地局よりもカバレッジが広い基地局を用いて広範囲をカバーし、屋内への到達性や速度をある程度落としながらもサービスを継続して提供するためのものです。

今回は9月6日に発生した「平成30年北海道胆振東部地震」により大規模な停電が発生しているための措置で、同日の16:26より運用されているとのことです。

コメント