"eスポーツ向け"のコラボ光「GameWith光」提供開始・IPv4 over IPv6対応

ニュース新サービス未分類

株式会社GameWithは2022年3月24日、インターネット接続サービス「GameWith光」を発表しました。発表に先立ち同年3月18日から提供が開始されています。

GameWith光 - eスポーツ・オンラインゲーム向け高速光回線

スポンサーリンク

サービス概要

GameWith光は東日本電信電話株式会社(NTT東日本)・西日本電信電話株式会社(NTT西日本)から卸提供を受けた光ファイバー回線とISPサービスを組み合わせた「光コラボレーションモデル」(コラボ光)のサービスで、戸建て向けの「GameWith光ファミリータイプ」、集合住宅向け「GameWith光マンションタイプ」の2種類が提供されます。

GameWith光専用に帯域を確保し通信速度の安定性を確保、更に各種クラウド事業者やプロバイダのネットワークとの"直接接続"を行うことで遅延を抑えた「eスポーツ向け」回線とされています。

料金・初期費用

GameWith光の料金は「ファミリータイプ」が月額6,160円、「マンションタイプ」が月額4,840円(いずれも税込)です。また、初期費用として2,200円の契約手数料および最大19,800円の工事費(フレッツ光や他のコラボ光からの転用時は無料)が発生します。

なお、2022年3月24日から5月31日までは「GameWith光リリース記念キャンペーン」が実施されており、GameWith光の新規契約で開通翌月および翌々月の料金が無料になります。

GameWith光のVNE・対応ルーター

GameWith光はIPv4 over IPv6接続に対応しています。重要事項説明書等にVNEの明記はありませんが、対応ルーターの一覧からアルテリア・ネットワークス株式会社の「クロスパス(Xpass)」を用いていることが確認できます。GameWith光からのルーターのレンタル・販売は実施されておらず、NTT東西から提供されるひかり電話ルーター・ホームゲートウェイや市販の「クロスパス」対応ルーターを使用することになります。

いわゆる"ゲーミングルーター"ではI-O DATA WN-DAX3000QRやエレコム WRC-G01-Wが「クロスパス」に対応しています。