I-O DATA、10GbE対応/Core i3搭載の4ベイNAS新モデル

ニュース新製品

株式会社アイ・オー・データ機器は7月18日、NASの新製品「HDL-Z4WPIXシリーズ」を発表しました。

8月下旬以降に出荷開始される予定です。

10GbEの高速通信と信頼性の高いインテル Core i3を搭載したLAN DISK Zが新登場

スポンサーリンク

同社の製品にはWindows Storage Server 2016とCore i3を搭載し、4基のHDDベイを備えた同様の製品であるHDL-Z4WPIシリーズが存在しますが、こちらはLAN端子の対応規格が1000BASE-Tまでに限られていました。

HDL-Z4WPIXシリーズではHDL-Z4WPIシリーズと同じ1000BASE-T対応のLAN端子2基に加えて拡張スロット部分にNIC(ET10G-PCIE?)が標準で装着されており、拡張スロット側端子で10GBASE-T及び5GBASE-T・2.5GBASE-Tが利用可能です。

その他端子類や消費電力、外寸などの仕様はHDL-Z4WPIシリーズと変わりません。

容量別に4TB・8TB・16TBの3モデルが販売される予定です。

コメント