NTT東日本、「フレッツ 光クロス」の技術参考資料を公開

ニュース

東日本電信電話株式会社(NTT東日本)は3月16日、技術参考資料「IP通信網サービスのインタフェース 第三分冊(第39版)」を公開しました。

技術参考資料 | 公開情報 | 企業情報 | NTT東日本

IP通信網サービスのインタフェース 第三分冊 第39版(PDF)

スポンサーリンク

「フレッツ 光ネクスト」等に関する内容が含まれる第三分冊は2019年7月以来の更新となり、2020年4月に提供が開始される予定の「フレッツ 光クロス」についての記載が追加されました。

「フレッツ 光クロス」で用いられるプロトコル構成はIPv6 PPPoE/IPv4 PPPoEが提供されていないことを除けば「光ネクスト」と共通で、小型ONUについては記述がありません。

物理層インタフェースには「光ネクスト」の1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-TおよびSFF-8431 1000BASE-X(小型ONU)の他、10GBASE-T/5GBASE-T/2.5GBASE-Tが追加されています。
10GBASE-TではCAT6A以上のUTPケーブルが推奨されています。

コメント