IPv4 over IPv6を含む「OCN v6アルファ」の提供が開始

ニュース新サービス

NTTコミュニケーションズは6月27日、個人向けインターネット接続サービス「OCN」においてIPv6対応サービス「OCN v6アルファ」を提供することを発表しました。

個人のお客さま向け高速インターネット接続サービス「OCN v6アルファ」を提供開始

スポンサーリンク

OCNでは2017年7月よりフレッツ網におけるIPv6 IPoEのサービスが提供されていますが、いわゆる「IPv4 over IPv6」には対応しておらずIPv4通信は旧来のPPPoE通信を利用していたため、網終端装置の混雑に起因するIPv4通信の速度低下を回避することはできませんでした。

今回提供される「OCN v6アルファ」には、

  • IPv4 over IPv6機能
  • 専用無線LANルーター(NECプラットフォームズ製)
  • セキュリティ機能
  • 遠隔/訪問サポート

の各サービスが含まれ、料金は月額500円(ルーター含む・最低利用期間24ヶ月・24ヶ月以内の解約は8,000円)に設定されています。

組み合わせの対象となる通信サービスは「OCN 光 with フレッツ」「OCN 光 「フレッツ」」及び「OCN for ドコモ光」です。

光コラボレーションモデルで提供される「OCN 光」と組み合わせる場合は「OCN 光 v6アルファ パッケージ」として案内されています。

コメント