OPPO、11ax対応の「Find X2」シリーズを発表

ニュース 新製品

OPPOは3月6日、Androidスマートフォン「Find X2」(CPH2023)・「Find X2 Pro」(CPH2025)を発表しました。

OPPO Find X2 – 120Hz QHD+ Ultra Vision Screen | OPPO Global

スポンサーリンク

2018年に発表され国内でも販売された「Find X」の後継モデルで、Find Xの大きな特徴であったスライド式カメラは廃されパンチホール形状のインカメラに変更されました。

SoCは両モデルともQualcomm Snapdragon 865、12GBのLDDR5 RAMと256GB(Find X2)または512GB(Find X2 Pro)のUFS 3.0 内蔵ストレージを搭載しています。

どちらのモデルも6.7インチ 1440×3168ピクセルの有機ELディスプレイを搭載しリフレッシュレートは120Hz、タッチサンプリングレートは240Hzです。

バッテリー容量はFind X2が4,200mAh(2,100mAh * 2)、Find X2 Proが4,260mAh(2,130mAh * 2)で、SuperVOOC 2.0による最大65Wの急速充電が可能とされています。

両モデルともSIMカードはnanoSIMシングルで、以下の通信方式・周波数帯がサポートされています。

  • 5G:n1(2.1GHz) / n3(1.8GHz) / n5(800MHz) / n7(2.6GHz) / n28A(800MHz) / n41(2.5GHz) / n77(3.7GHz) / n78(3.5GHz)
  • FDD-LTE:B1(2.1GHz) / B2(1.9GHz) / B3(1.8GHz) / B4(AWS) / B5(800MHz) / B7(2.6GHz) / B8(900MHz) / B12(700MHz) / B13(700MHz) / B17(700MHz) / B18(800MHz) / B19(800MHz) / B20(800MHz) / B25(1.9GHz) / B26(800MHz) / B28(700MHz) / B29(700MHz) / B32(1.5GHz) / B66(AWS-3)
  • TDD-LTE:B34(2GHz) / B38(2.6GHz) / B39(1.9GHz) / B40(2.3GHz) / B41(2.5GHz) / B42(3.5GHz)
  • W-CDMA:B1(2.1GHz) / B2(1.9GHz) / B4(AWS) / B5(800MHz) / B6(800MHz) / B8(900MHz) / B19(800MHz)
  • GSM:850 / 900 / 1800 / 1900MHz

その他の主な仕様は以下の通りです。

Find X2 Pro
(CPH2025)
Find X2
(CPH2023)
OSAndroid 10
+ColorOS 7.1
同左
SoCQualcomm Snapdragon 865同左
CPUQualcomm Kryo 585同左
GPUQualcomm Adreno 650同左
RAMLPDDR5 12GB同左
ストレージUFS 3.0 512GBUFS 3.0 256GB
ディスプレイ6.7インチ パンチホール有
OLEDディスプレイ
1440×3168ピクセル
リフレッシュレート120Hz
タッチサンプリング240Hz
Corning Gorilla Glass 6
同左
無線LANIEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n
WPA3-Personal/Enterprise
IEEE 802.11ac/a/b/g/n
BluetoothBluetooth 5.1Bluetooth 5.0
バッテリー4,260mAh
(2,130mAh*2)
4,200mAh
(2,100mAh*2)
急速充電SuperVOOC 2.0 65W同左
カメラ(リア)メイン:4800万画素(SONY IMX689)
広角:4800万画素(SONY IMX586)
望遠:1300万画素
メイン:4800万画素(SONY IMX586)
広角:1200万画素(SONY IMX708)
望遠:1300万画素
カメラ(フロント)3200万画素同左
筐体サイズW74.4×H165.2×
D8.8mm(セラミック)
D9.5mm(ヴィーガンレザー)
W74.5×H164.9×D8.0mm
重量207g(Black/セラミック)
200g(Orange/ヴィーガンレザー)
196g(Black/セラミック)
187g(Ocean/ガラス)

コメント