SB版Redmi Note 9T 実機使用メモ

よもやま話 レビュー

ソフトバンクから発売されたXiaomi Redmi Note 9T(A001XM)を入手したので、使用する上で気になった点などをメモしておきたいと思います。

(本記事は随時更新します)

Redmi Note 9T | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
Redmi Note 9T - Mi.com

スポンサーリンク

パフォーマンス

Redmi Note 9Tに搭載されているSoCはMediaTek Dimensity 800Uで、CPUにArm Cortex-A76 2コア(最大2.4GHz)+ Arm Cortex-A55 6コア(最大2GHz)、GPUにArm Mali-G57 MC3を用いており、MediaTekの製品群ではエントリー~ミドルレンジの5G対応機器向けと位置付けられます。

EngineerMode

MediaTek製SoCを搭載するAndroid端末は開発・検証用の「EngineerMode」が利用できる状態で販売されていることが多く、Redmi Note 9Tも例に漏れずEngineerModeを開くことが可能です。
(当然ながらEngineerModeの利用はユーザーの自己責任となります)

EngineerModeを開く際は標準の「電話」アプリから *#*#3646663#*#* を入力する、もしくは起動するだけでダイヤルを行う「Engineer Mode MTK Shortcut」(com.Go.EngModeMtkShortcut)のようなアプリを用いることになります。

Engineer Mode MTK Shortcut
Engineer Mode MTK Shortcut
Developer:Go!
Price:Free

5G/LTE通信

"ソフトバンク"ブランドで取り扱われているRedmi Note 9T A001XMですが、LTEについては他社800MHz帯(FDD-LTE Band18/19/26)にも対応しており、国内MNO3社が運用している700~900MHz帯(楽天モバイルが『パートナーエリア』として利用中のKDDI 800MHz帯含む)へ接続可能です。

5G NRはBand n77(3.7GHz)のみ対応で、他社が運用しているn78/79やミリ波のn257には対応していません。なお、2021年4月以降のアップデートでLTEから5Gへ転用された既存周波数帯(700MHz/1.7GHz/3.4GHz)への対応が行われる予定です。

SIMロック解除が可能な機種の周波数帯一覧 - softbank.jp(PDF)
LTE周波数帯の700MHz・1.7GHz・3.4GHz帯を利用した5Gサービスを2月15日から順次提供開始 | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)での運用

「Rakuten UN-LIMIT」での動作に関する情報は楽天モバイルの公式サイトに掲載されていませんが、既にインターネット上で情報が共有されている通り、SIMロックの解除・VoLTEキャリアチェックの無効化( *#*#86583#*#* をダイヤルし『VoLTE carrier check was disabled』が表示された状態)を行うことでプリセットAPNによる楽天モバイル網への接続が可能です。

楽天モバイルが自社で保有するFDD-LTE Band3(1.8GHz)、KDDIからローミング先として(主に)提供されているFDD-LTE Band18/26(800MHz)のどちらもサポートされており、機種によってはトラブルが生じる楽天自社エリア⇔パートナーエリア間の自動切り替えも問題なく行えます。

無線LAN

Redmi Note 9TはIEEE 802.11ac/a/b/g/nに対応しています。

MediaTekから公開されているDimensity 800Uの仕様では1T1R/2T2Rに対応可能とされていますが、Redmi Note 9Tは2ストリーム以上のアクセスポイントに接続しても最大433Mbpsでのリンクとなるため、1T1R・VHT80の構成を採っているようです。

暗号化方式はWPA3-Personal・WPA2/WPA-Personal/Enterprise・WEPが利用可能です。

コメント