【レビュー?】ダイソー 300円のBluetooth4.1対応片耳イヤホン

よもやま話レビュー

ダイソーにて300円(税抜)で販売されている「Bluetooth ワイヤレス片耳イヤホン」を入手したので気になった点を書き留めておきたいと思います。

スポンサーリンク

パッケージ

吊り下げタイプの箱型パッケージで表面には商品名や大まかな特徴が記載されており、「連続再生 約1時間」「連続通話 約1時間」「連続待機 約24時間」「通信距離 約10m」という控えめな数字が並んでいます。

カラーリングは黒と白の2モデルが存在するようで、今回は黒を購入しました。

パッケージ裏面は対応機種や仕様の他、技適マークと工事設計認証番号「204-920062」が記載されています。

対応環境はiOS 6.0/Android 4.3以降とされていますが、対応機種として記載されているiOS端末がiPhone 5~XとiPad Retina/Air/mini/Proなのに対し、Android端末はGALAXY Note/GALAXY J/GALAXY Note3/GALAXY Note2/GALAXY S5と非常に時代を感じるラインナップであることが気になりました。

原産国は中国でダイソー(大創産業)以外の社名表記等は見当たらず、今回入手した商品のロットナンバーは「2002BJ」、JANコードは「4549131622775」となっていました。

仕様

パッケージに記載されている仕様は以下の通りです。

  • モデル名:BT earphone
  • 通信:Bluetooth 4.1 + EDR
  • 送信周波数:18Hz – 20KHz
  • 通信距離:10m(30ft)
  • 電池:リチウムポリマー電池:50mAh
  • サイズ:約5 x 1.8 x 0.8cm
  • 重量:約6.8g

概ね同一の仕様ではないかと思われる商品がAliExpress等で販売されていることが確認できます。

KEBIDU M165 bluetooth イヤホンヘッドセットヘッドホンミニ V4.1 ワイヤレス bluetooth handfree ユニバーサルマイク iphone android 用

M165 ワイヤレス Bluetooth イヤホンハンズフリー通話ビジネスヘッドセットヘッドホン

認証の内容

総務省の「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」によると「204-920062」は「Daiso Industries Co., Ltd.」名義の「EA9658」として2019年3月に工事設計認証を通過しており、認証時の資料も公開されています。

資料中では「Hardware version」が「XL-165-AC6919A v2.0」となっており、Bluetoothチップとして「AC6919A」を搭載しているようです。

本体

イヤーフックを用いて片耳に装着するタイプのもので、どちらかと言えば「ヘッドセット」ではないかと思いますがパッケージや取扱説明書には「イヤホン」と表記されています。

光沢のある筐体には電源のオン・オフや通話応答などを行う「マルチ機能ボタン」とプラス・マイナスボタン、充電用のUSB 2.0 Micro-B端子が備わっています。

表記類は前述の技適マークおよび工事設計認証番号があるのみで、メーカー・ブランド名やロゴなどは一切ありません。

プロファイル

対応するプロファイルはパッケージにも取扱説明書にも明記されていませんが、パッケージの表記と実際の挙動、Android端末で取得したBluetooth HCIスヌープログよりHFP/A2DP/AVRCPがサポートされているようです。

Service Attribute: Bluetooth Profile Descriptor List (0x9), value = Handsfree 1.5

Service Attribute: Bluetooth Profile Descriptor List (0x9), value = Advanced Audio Distribution 1.3

Service Attribute: Bluetooth Profile Descriptor List (0x9), value = A/V Remote Control 1.5

こちらの記事によるとオーディオコーデックはSBCとなるようです。

同梱品

パッケージ外からも見える部分にヘッドセット本体、下部にUSBケーブル(USB Standard-A to Micro-B)とイヤーフック、折り畳まれた説明書(日本語・英語)が封入されています。

イヤーピースは本体に装着済みで、サイズ違いのものは含まれていません。

使用感

手元にあるGalaxy S9 SC-02K(Android 9)およびR17 Neo(Android 8.1)と接続した状態で通話や音楽・動画再生を試しましたが、問題なく利用可能でした。
SC-02Kについてはワンセグ放送視聴中の音声出力も行えました。

SC-02K接続時に音量調節用とされているプラス・マイナスボタンを押したところ、

  • 短押し:前後の曲・動画へ移動(音量変動なし)
  • 長押し:イヤホン側の音量が変化(本体側の音量変動なし)
    • 最大音量に達すると「Volume Maximum」の音声が流れる

という挙動になりました。

また、ボタンを押した際のカチカチというクリック音がかなり大きめです。

音質についてはあまり興味がないため評価を控えますが、少なくとも音楽再生中に(イヤホン⇔スマートフォン間を大きく離すようなことをしなければ)音の途切れやノイズの発生は見られません。

接続後のデバイス設定画面は上の通りです。

所感

Amazon.co.jpやAliExpress等でも似たような仕様のものが同程度の価格帯で販売されていますが、工事設計認証を通過していることとダイソーでの取扱による購入の手軽さが強みではないかと思います。

コメント