Synology、Wi-Fi 6対応VPNルーター「RT6600ax」を発表 3年ぶりのモデルチェンジ

ニュース新製品

Synologyは2021年12月3日、オンラインイベント「Synology 2022 AND BEYOND」内で無線LANルーター「RT6600ax」および同社製ルーター向けOS「Synology Router Manager (SRM) 1.3」を発表しました。

イノベーションに終わりはない - Synology 2022 AND BEYOND | Synology Inc.

CONNECT — Synology 2022 AND BEYOND - YouTube

スポンサーリンク

RT6600axの概要

RT6600axの製品ページなどは2021年12月3日時点で公開されておらず、明らかになっている情報は非常に限られています。リリースや「CONNECT — Synology 2022 AND BEYOND」から読み取れれるRT6600axの概要は以下の通りです。

3年ぶりのフルモデルチェンジ

Synology製の無線LANルーターは「RT1900ac」(国内未発売)、「RT2600ac」を経て2018年10月に発表された「MR2200ac」を最後に後継品の投入がストップしており、RT6600axはおよそ3年ぶりに投入された新製品です。

過去モデルとの違い

RT6600axRT2600acMR2200ac
クラス / バンド
対応規格
AX6600 / トライバンド
IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n
AC2600 / デュアルバンド
IEEE 802.11ac/a/b/g/n
AC2200 / トライバンド
IEEE 802.11ac/a/b/g/n
最大通信速度
(5GHz帯1)
詳細未公開
(4str/160MHz?)
1,733Mbps
(4str/80MHz)
867Mbps
(2str/80MHz)
最大通信速度
(5GHz帯2)
詳細未公開非対応867Mbps
(2str/80MHz)
最大通信速度
(2.4GHz帯)
詳細未公開800Mbps
(4str/40MHz/256QAM)
400Mbps
(2str/40MHz/256QAM)
WAN端子1000BASE-T×11000BASE-T×11000BASE-T×1
LAN端子2.5GBASE-T×1 ※1
1000BASE-T×3
1000BASE-T×4 ※21000BASE-T×1
USB端子USB 3.0 Standard-A×1USB 3.0 Standard-A×1
USB 2.0 Standard-A×1
USB 3.0 Standard-A×1
CPU未公開Qualcomm IPQ8065
Qualcomm Krait 300 2コア 1.7GHz
Qualcomm IPQ4019
Arm Cortex-A7 4コア 717MHz
RAM未公開DDR3 512MBDDR3 256MB

※1:WAN端子としても利用可能

※2:内1基はデュアルWAN対応

デザイン

RT6600axはRT2600acに近いデザインで黒い筐体の背面および両側面に合計6基の外部アンテナ(RT2600acは4基)、天面の前方に動作状態を表すLEDを備え、天面にはSynologyのロゴが入っています。アンテナはRT2600acのものとやや形状が異なります。

IEEE 802.11axのサポート

従来のSynology製ルーターはIEEE 802.11ac(Wi-Fi 5)までのサポートに留まっていましたが、RT6600axでは同社製ルーターとして初めてIEEE 802.11ax(Wi-Fi 6)がサポートされました。

トライバンドの「AX6600」クラスとされていますが「Wi-Fi 6E」の記述は見られないため、6GHz帯には対応せず5GHz帯 + 5GHz帯 + 2.4GHz帯の構成を採っていると思われます。5GHz帯の一方は4ストリームかつ4,400Mbps(公称値)の通信が可能とされており、最大4,804Mbps(5GHz帯1 4ストリーム/160MHz) + 1,201Mbps(5GHz帯2 2ストリーム/80MHz) + 574Mbps(2.4GHz帯 2ストリーム/40MHz)のような組み合わせが考えられます。

また、日本国内で発売された際には利用できないものの、アメリカで無線LANシステム向けに一部開放された5.9GHz帯の拡張部分である169/173/177/181chに対応しており、利用可能なチャンネルが20MHz幅で4つ、40MHz幅で2つ、80MHz幅・160MHz幅で各1つ拡大します。

FCC Modernizes 5.9 GHz Band to Improve Wi-Fi and Automotive Safety | Federal Communications Commission

Wi-Biz通信Vol.52 米国でDSRCが終了、5.9GHz帯の半分以上がWi-Fi化(一般社団法人 無線LANビジネス推進連絡会)

2.5GBASE-Tのサポート

RT6600axは背面に1基の2.5GBASE-T対応端子(『WAN2/LAN1』)と4基の1000BASE-T対応端子(『WAN1』および『LAN2~4』)を備えており、WAN側もしくはLAN側に2.5GBASE-T対応機器を接続できます。2.5GBASE-TもSynology製ルーターでは初の対応で、他のSynology製品ではPCI Express接続のNIC「E10G18-T1」が2.5GBASE-T(および10GBASE-T/5GBASE-T)をサポートしています。

※2021/12/03追記:初出時にポート構成が誤った表記となっていたため修正しました。上記画像における青いポートが1000BASE-T対応の「WAN1」、黄色いポートの左端が2.5GBASE-Tに対応する「WAN2/LAN1」です。

USB端子はRT2600ac・MR2200acと同じくUSB 3.0 Standard-A×1であり、USB Type-C端子による上位規格(USB 3.2 Gen 2・USB 3.2 Gen 2x2など)への対応は行われていません。用途は明言されていませんが、従来製品と同様に接続したプリンタやストレージをネットワーク内で共有できると思われます。

メッシュネットワーク

従来製品に引き続き複数台のルーターによるメッシュネットワークの構築が可能ですが、「CONNECT — Synology 2022 AND BEYOND」内(17分10秒~20秒台・画面左下の注釈)に「Initially only between other RT6600ax」との表記が見られ、少なくとも投入時点では従来製品との混在に対応せず、複数台のRT6600axでの構築のみをサポートするようです。

SRM 1.3

RT6600axに標準搭載されるSRM 1.3では1台のルーターが最大5つのSSIDを展開できるようになり、SSID単位でのネットワーク分離やWPSの有効・無効化が可能になっています。また、カスタマイズ可能なペアレンタルコントロール機能「Safe Access」、2021年より恒久的に無償化されたVPNサーバー機能「VPN Plus」も引き続き利用できます。

RT2600ac・MR2200ac向けのSRM 1.3は2022年に提供開始予定とされています。

RT6600axの価格・発売時期

RT6600axは2022年上半期に発売される予定です。国内外での価格や国内での発売時期は2021年12月現在明らかになっていません。