TP-Link、IPv4 over IPv6・メッシュ対応のWi-Fi 6ルーター「Archer AX4800」を12,000円台で発売

ニュース 新製品

ティーピーリンクジャパン株式会社は2021年7月8日、無線LANルーター「Archer AX4800」および「Archer GX90」を発表しました。

前者は12,760円・2021年8月16日発売予定、後者は29,480円・2021年7月29日発売予定(価格はいずれも税込)です。

Wi-Fi 6×IPv6 IPoEルーターが1万2,000円台で登場! 「Archer AX4800」8月12日(木)発売 ~ゲーミングルーター「Archer GX90」7月29日(木)発売~ | TP-Link 日本

Archer AX4800 | AX4800 デュアルバンド ギガビット Wi-Fi 6ルーター | TP-Link 日本

Archer GX90 | AX6600 トライバンドWi-Fi 6ゲーミングルーター | TP-Link 日本

スポンサーリンク

Archer AX4800

Archer AX4800は5GHz帯でIEEE 802.11ax(Wi-Fi 6)による最大4,324Mbps(4ストリーム/160MHz)、2.4GHz帯で同574Mbps(2ストリーム/40MHz)の通信に対応するデュアルバンド「AX4800」クラスの製品で、MU-MIMOおよびビームフォーミングをサポートしています。

WAN端子は1基、LAN端子は4基(うち2基はリンクアグリゲーション対応)でいずれも1000BASE-Tまでの対応です。また、1基のUSB 3.0 Standard-A端子を備えています。

NTT東日本・NTT西日本のフレッツ網におけるIPv6 IPoE接続およびVNE各社のIPv4 over IPv6通信に対応し、v6プラス・DS-Lite(transix / クロスパス)・OCNバーチャルコネクトをサポートするとされています。

セキュリティ機能として「TP-Link HomeShield」に対応する他、「OneMesh」対応中継機と組み合わせてのメッシュネットワーク構築も可能です。

Archer GX90

Archer GX90は5GHz帯1でIEEE 802.11axによる最大4,804Mbps(4ストリーム/160MHz)、5GHz帯2で同1,201Mbps(2ストリーム/80MHz)、2.4GHz帯で同574Mbps(2ストリーム/40MHz)の通信に対応するトライバンド「AX6600」クラスの製品で、MU-MIMOおよびビームフォーミングをサポートしています。

WAN/LAN兼用端子として各1基の2.5GBASE-T対応端子と1000BASE-T対応端子、更に3基の1000BASE-T対応端子が用意されています。また、各1基のUSB 3.0 Standard-A端子・USB 2.0 Standard-A端子を備えています。

セキュリティ機能「TP-Link HomeCare」およびメッシュネットワーク構築機能「OneMesh」に対応する他、ゲーミングルーターとしてゲームの通信を識別し優先的に処理する「ゲームアクセラレーター」が利用可能です。