TP-Link、Wi-Fi 6/IPv4 over IPv6対応ルーター「Archer AX72」を発売 CPUはAX73の3コアから2コアに変更

ニュース新製品

ティーピーリンクジャパン株式会社は2021年11月11日、無線LANルーター「Archer AX72」を発表しました。

想定販売価格は13,680円(税込)で2021年12月2日に発売される予定です。Amazon.co.jpでは同等仕様の「Archer AX72/A」が12,601円(2021/11/11現在)で購入可能な状態となっています。

Wi-Fi 6×IPv6 IPoEルーター「Archer AX72」12月2日(木)発売 ~OneMesh™対応Wi-Fi 6中継器「RE600X」本日発売~ | TP-Link 日本

Archer AX72 | AX5400 デュアルバンド ギガビット Wi-Fi 6ルーター | TP-Link 日本

スポンサーリンク

Archer AX72の概要

Archer AX72は5GHz帯でIEEE 802.11ax(Wi-Fi 6)による最大4,804Mbps(4ストリーム/160MHz)、2.4GHz帯で同574Mbps(2ストリーム/40MHz)の通信に対応するデュアルバンド「AX5400」クラスに属し、MU-MIMOおよびビームフォーミングをサポートしています。合計6基のアンテナはすべて外付けです。

無線LANの暗号化方式はWPA3-Personal・WPA2-Personal/Enterprise・WPA-Personal/Enterpriseに対応しています。

WAN端子は1基、LAN端子は4基でいずれも1000BASE-Tまでの対応です。また、1基のUSB 3.0 Standard-A端子を備えています。NTT東日本・NTT西日本のフレッツ網におけるIPv4 over IPv6接続サービスは「transix」・「v6プラス」・「IPv6オプション」・「OCNバーチャルコネクト」・「クロスパス」を利用可能です。

セキュリティ・ペアレンタルコントロール機能「HomeShield」、メッシュネットワーク構築機能「OneMesh」、VPNサーバー機能(PPTP/OpenVPN)などに対応しています。

Archer AX73/AX72/AX4800の違い

TP-Linkは2021年に入ってから「AX5400」~「AX4800」クラスの無線LANルーターを合計3モデル投入しており、各モデルごとにわずかな違いがあります。具体的な相違点は5GHz帯の通信速度とCPUコア数・周波数で、Archer AX73を基準にするとArcher AX72はCPUを3コア 1.5GHzから2コア 1GHzに削減、Archer AX4800は5GHz帯の通信速度を最大4,804Mbpsから4,324Mbpsに抑えたモデルとなっています。

2.4GHz帯無線LANや有線部分の仕様、HomeShield・OneMeshなどの機能面は各モデルで共通です。

Archer AX73Archer AX72Archer AX4800
最大通信速度
(5GHz帯)
4,804Mbps
(4str/160MHz)
4,804Mbps
(4str/160MHz)
4,324Mbps
(4str/160MHz)
最大通信速度
(2.4GHz帯)
574Mbps
(2str/40MHz)
574Mbps
(2str/40MHz)
574Mbps
(2str/40MHz)
無線LANアンテナ外部アンテナ×6外部アンテナ×6外部アンテナ×6
WAN端子1基(1000BASE-T)1基(1000BASE-T)1基(1000BASE-T)
LAN端子4基(1000BASE-T)
内2基はLAG対応
4基(1000BASE-T)
内2基はLAG対応
4基(1000BASE-T)
内2基はLAG対応
CPU3コア 1.5GHz
Broadcom BCM6750
2コア 1GHz3コア 1.5GHz

他の地域で販売されているArcher AX72を分解した記事によると、搭載されているSoCはQualcomm製の「IPQ0518」とのことです。

平玩 4T4R AX5400 Wi-Fi 6 !! TP-Link Archer AX72 無線路由器拆解實測 - 電腦領域 HKEPC Hardware - 全港 No.1 PC網站