sXGP/NFC/QZSS対応のSIMフリースマートフォン「Omni K5」

ニュース新製品

CYBERDYNE Omni Networks株式会社および株式会社コヴィアは4月12日、Androidスマートフォン「Omni K5」を発表しました。

2019年5月に発売される予定です。

sXGP対応、近距離無線通信「NFC」を搭載した片手で使いやすい縦長スマホ「Omni K5」を発売開始

Omni Phone | CYBERDYNE Omni Networks サイバーダインオムニネットワークス

スポンサーリンク

Omni K5はLTE/W-CDMAに対応したSIMロックフリーのスマートフォンで、

  • FDD-LTE Band1(2.1GHz) / Band3(1.8GHz) / Band8(900MHz) / Band19(800MHz)
  • TDD-LTE Band39(1.9GHz)
  • W-CDMA BandⅠ/Ⅵ/Ⅷ

という通信方式・周波数構成となっており、1.9GHz帯で自営網を構築できる「sXGP」に対応しています。

国内で販売されるsXGP対応のAndroidスマートフォンとしては、2018年11月に発表されたBaicells Japanの「BaiPhone-Q8001」に続く2例目となります。

nanoSIM(4FF)スロットとmicroSIM(3FF)スロットを各1基備えLTE+W-CDMAのDSDS(Dual SIM Dual Standby)に対応する他、独立したmicroSDカードスロットを1基備えています。

無線LANはIEEE 802.11a/b/g/nに対応し、QZSSによる測位やNFCにも対応します。

5インチ FWVGA+(480×960ピクセル)の液晶ディスプレイ、メーカー・コア種別不明のクアッドコアCPU(1.3GHz駆動)、2GBのRAMと16GBのストレージ、交換可能な2,000mAhのバッテリーと、基本的な仕様はエントリーモデル相当のものとなっています。

価格は24,800円(税抜)で、個人向けにもコヴィアの「FLEAZ DIRECT」を介して販売される予定です。

コメント

  1. 匿名 より:

    タイトルが「Omni K8」になってます