28GHz帯/11ax("Wi-Fi 6")対応モバイルルーター「Wi-Fi STATION SH-52A 」がドコモから発売

ニュース 新製品

株式会社NTTドコモは3月18日、モバイルルーター「Wi-Fi STATION SH-52A」を発表しました。

2020年5月下旬以降に発売される予定です。

Wi-Fi STATION SH-52A | データ通信製品 | 製品 | NTTドコモ

スポンサーリンク

2020年2月にSHARPから「5Gモバイルルーター」として発表された製品のドコモ版となります。

WAN側は5G NR/LTE/3G(W-CDMA)に対応し、ミリ波(mmWave)の28GHz帯に対応する5G NRでは下り最大4.1Gbps/上り最大480Mbpsの通信が可能です。

無線LANはIEEE 802.11ax("Wi-Fi 6")およびac/a/b/g/nに対応し、IEEE 802.11axに対応したクライアントとの間では5GHz帯で最大1,201Mbpsの通信を行えます。

また、2.5GBASE-T(IEEE 802.3bz)/1000BASE-T/100BASE-TXに対応するLAN端子を1基備えており、有線のみ対応の機器でも無線LAN子機などを用意することなくSH-52A経由でのWAN接続が可能となります。

4,000mAhのバッテリーを搭載し、充電はUSB Type-C端子から行います。

筐体色は「5Gモバイルルーター」と同じ色に「docomo 5G」ロゴが入った「Black」のみとなっています。

コメント