SHARPから5G/11ax("Wi-Fi 6")/2.5GBASE-T対応のモバイルルーターが今春発売

ニュース 新製品

シャープ株式会社は2月17日、「5Gモバイルルーター」と題した製品を発表しました。

今春以降発売される予定です。

5Gモバイルルーターを商品化|ニュースリリース:シャープ

スポンサーリンク

市販される同社製モバイルルーターとしては初となる5G(Sub-6GHz / mmWave)対応製品で、端末側では下り最大4.0Gbps / 上り最大0.8Gbpsの通信が可能とされています。
(実際の最大通信速度は利用するサービスによって異なります)

また、こちらも同社製品で初となるIEEE 802.11ax("Wi-Fi 6")に対応し、2.5GBASE-T対応の有線LAN端子とUSB 3.0 Type-C端子も各1基備わっています。

高スペック化に伴って筐体サイズ・重量も拡大されており、現在NTTドコモ向けに供給されているWi-Fi STATION SH-05LがW108×H72×D15mm/約150gなのに対し、「5Gモバイルルーター」はW157×H84×D16.1mm/約280gとモバイルルーターとしてはかなり大きめのサイズとなっています。

ディスプレイは2.4インチ QVGA(320×240ピクセル)TFT液晶、バッテリーは4,000mAhで、どちらもSH-05LやPocket WiFi 809SHと共通です。

5G・IEEE 802.11axに対応した同様の製品として、京セラが「5Gコネクティングデバイス」を発表しています。

コメント