エレコム WRC-1167GS2シリーズが「v6プラス」固定IPおよび「クロスパス」に対応

ニュース

エレコム株式会社は7月28日、無線LANルーター「WRC-1167GS2シリーズ」(WRC-1167GS2-B / WRC-1167GS2H-B)向けにファームウェア Ver.1.30の提供を開始しました。

WRC-1167GS2-B専用ファームウェア - ELECOM | WRC-1167GS2-B専用ファームウェア

WRC-1167GS2シリーズが『「v6プラス」固定IPサービス』に追加対応 - ニュースリリース|ELECOM

スポンサーリンク

Ver.1.30には日本ネットワークイネイブラー(JPNE)が提供する「v6プラス」固定IPサービスへの対応が含まれており、対応ISPが提供するサービスに加入していれば固定されたIPv4アドレスを利用できるようになります。

2020年7月時点で「v6プラス」固定IPサービスに対応するISPとしては、オープンサーキット(『v6Direct/固定IP1』)やラット(『IPQ IPoE接続プラン IPv6+IPv4固定』)、サイバーネット(『CyberBB v6プラス+IPv4固定IP』)等が存在します。

また、Ver.1.30にはアルテリア・ネットワークスが提供するIPv4 over IPv6接続サービス「クロスパス」への対応も含まれています。
WRC-1167GS2シリーズが対応するIPv4 over IPv6接続サービスは「transix」(DS-Lite/固定IP)・「v6プラス」(通常/固定IP)・「IPv6オプション」・「OCNバーチャルコネクト」・「クロスパス」となります。

コメント