NETGEAR、卓上設置型Wi-Fi 6 AP「WAX206」を国内で発売 2.5GbE端子を備えルーターとしても使用可

ニュース新製品

ネットギアジャパン合同会社は2021年12月24日、無線LANアクセスポイント「WAX206(WAX206-100JPS)」を発表しました。市場想定価格は21,603円(税込)、2021年12月27日に発売される予定です。

全てのビジネスシーンにWiFi 6を。設置方法に合わせて選べる、小規模事業者向けスタンドアロンアクセスポイント「WAX214」と「WAX206」を12/27に同時発売。

スポンサーリンク

WAX206は5GHz帯でIEEE 802.11ax(Wi-Fi 6)による最大2,402Mbps(4ストリーム/80MHz)、2.4GHz帯でIEEE 802.11n(Wi-Fi 4)による最大800Mbps(4ストリーム/40MHz/256QAM)の通信に対応するデュアルバンド「AX3200」クラスの製品で、MU-MIMOおよびビームフォーミングをサポートしています。従来のNETGEAR製Wi-Fi 6対応APと異なり、卓上などへの縦置きが可能なデザインとなっています。

無線LANの暗号化方式としてWPA3-Personal・WPA2-Personal/Enterprise・WPA-Personal/Enterpriseに対応していますが、WPA3-Enterpriseには非対応です。

1基のWAN端子は2.5GBASE-T対応、4基のLAN端子は1000BASE-Tまでの対応です。なお、いずれの端子もPoE受電・給電には対応していません。

アクセスポイントモードに加えてルーターモードでの動作に対応し、ルーター機能を備えないモデム・ONU単体の環境であってもインターネットに接続しローカルネットワークを構築できます。LAN内の機器から管理を行うスタンドアロンタイプで、クラウド型管理サービス「NETGEAR Insight」は利用できません。

この他、下位モデルのWi-Fi 6・PoE受電対応APとして投入が予定されていたスタンドアロンタイプの「WAX214(WAX214-100EUS)」も同じく2021年12月27日に発売されることが告知されました。市場想定価格は16,974円(税込)です。