NTTぷらら・andlineが「フレッツ 光クロス」「ドコモ光 10G」対応サービスを発表

ニュース 新サービス

株式会社NTTぷららは3月9日、インターネット接続サービス「ぷらら光セット(クロス)」および「ドコモ光向けインターネット接続サービス(10ギガ)」を発表しました。

株式会社アイキューブ・マーケティングも同日「アンドライン for ドコモ光コース 10ギガプラン」を発表しています。

「フレッツ 光クロス」、「ドコモ光 10ギガ」に対応したインターネット接続サービスの開始について | 株式会社NTTぷらら

「ドコモ光 10ギガ」対応のサービス提供開始のお知らせ | ドコモ光タイプA対応プロバイダ【andline】

スポンサーリンク

NTTドコモが同日に光コラボレーションモデルの通信サービス「ドコモ光 10G」を発表したことに伴うもので、2社の他にエキサイト(BB.excite)やハイホー(hi-ho)も「ドコモ光 10G」対応ISPとして挙げられています。

NTTぷららが発表したサービス2種の内、「ぷらら光セット(クロス)」はNTT東日本・NTT西日本が提供する「フレッツ 光クロス」に対応する月額1,320円のサービス、「ドコモ光向けインターネット接続サービス(10ギガ)」は月額6,300円(定期契約あり)の「ドコモ光 10ギガ タイプA」に含まれるサービスとなります。

サービス開始から当面の間IPv6 IPoE接続のみ利用できる状態で提供される「フレッツ 光クロス」に対応するサービスのため、IPv6はIPv6 PPPoE接続に対応せずIPv6 IPoEのみ、IPv4もIPv4 PPPoE接続に対応せずIPoE(IPv4 over IPv6)のみが提供され、利用にあたってはNTT東西またはNTTドコモからレンタルで提供される「フレッツ 光クロス対応レンタルルータ」「10ギガ対応無線LANルーター」等の機器が必要です。

「アンドライン for ドコモ光コース 10ギガプラン」についても「ドコモ光 10ギガ タイプA」に含まれる形で提供されるものとなり、andlineの現行サービスと同じくIPv6 IPoE/IPv4 over IPv6接続機能が提供されると思われます。

なお、NTTぷららはISPサービスの他に光コラボレーションモデルの「ぷらら光」も提供していますが、こちらでの最大10Gbpsのサービス(『フレッツ 光クロス』相当サービス)の提供については今のところアナウンスがありません。

コメント