SONYのWi-Fi 6Eモジュール「J20H103」が認証通過、PS5の「J20H100」に6GHz帯を追加したトライバンド構成

ニュース認証情報

Sony Group Corporationの無線LAN+Bluetoothモジュール「J20H103」(FCC ID AK8J20H103)が米FCCの認証を通過し、認証時の資料が一部公開されています。

Sony Group 2TX 11ax (WiFi6E) + BT/BLE Combo Card J20H103 FCC ID AK8J20H103

スポンサーリンク

J20H103はIEEE 802.11ax(Wi-Fi 6)・IEEE 802.11ac/a/b/g/nおよびBluetoothに対応するコンボタイプのモジュールです。Test Report内の「Brand」欄に「FOXCONN」との記載があり、製造はFoxconn Technology Groupが行っているようです。

5GHz帯および2.4GHz帯に加えて「Wi-Fi 6E」として知られる6GHz帯のIEEE 802.11axを利用可能なトライバンド構成を採り、アンテナ数(空間ストリーム数)はいずれの周波数帯も2基(2T x 2R)となっています。6GHz帯・5GHz帯ではそれぞれ最大1,201Mbps(2ストリーム/80MHz)での通信が可能ですが、2.4GHz帯では40MHz幅での通信がサポートされておらず最大286.8Mbpsに留まります。

FCCの"Short-Term Confidentiality"により、外部写真・内部写真・マニュアルなどの資料は現時点で公開されていません。Label Sampleも基板背面にFCC IDを印字することが示されているのみで、外観やホスト接続用のインターフェイスなどは不明です。


J20H103に類似した型番のモジュールとしてNXP Semiconductors 88W9000Sベースの「J20H100」(FCC ID AK8M19DFR1)が2020年に認証を通過しており、Wi-Fi 6およびBluetooth対応機器であるPlayStation 5に採用されています。

Sony Wireless communication module M19DFR1 FCC ID AK8M19DFR1

M19DFR1 Wireless communication module Teardown Internal Photos 04 Short-Term Confidential_Internal Photo Sony(J20H100の外観)

Sony Group Corporationの名義で認証を受けていることから、J20H103もJ20H100と同様に何らかのSONY製品への搭載を企図したモジュールと思われるものの、どのような機器に搭載されるかは断定できない状態です。