ヤマハ、ネットワーク製品を約10%値上げ 2022年4月より適用

ニュース

ヤマハ株式会社は2022年2月14日、同社ネットワーク製品の価格改定を発表しました。改定後の価格は2022年4月1日以降の出荷分より適用される予定です。

ネットワーク製品価格改定のご案内 - ヤマハ株式会社

スポンサーリンク

今回の価格改定は半導体不足や輸送・製造コスト高騰の影響によるものとされており、現在の希望小売価格から概ね10%前後の値上げが実施されます。

2015年発売のL2スイッチ「SWX2300-16G」、オープン価格のまま据え置かれるUTMアプライアンス「UTX200」・「UTX100」といった例外を除き、現在ヤマハから発売されているネットワーク製品、および対応オプションの大半が価格改定の対象となります。

価格改定が実施される製品と改定前後の価格(部分)は下表の通りです。

製品ジャンル型番希望小売価格
(改定前・税抜)
希望小売価格
(改定後・税抜)
ルーターRTX5000846,000円931,000円
ルーターRTX3500528,000円581,000円
ルーターRTX1220118,000円130,000円
ルーターRTX83075,000円83,000円
ルーターNVR700W118,000円130,000円
ルーターNVR51049,800円55,000円
ルーターNVR50054,800円61,000円
ファイアウォールFWX12083,000円92,000円
アクセスポイントWLX413248,000円273,000円
アクセスポイントWLX40299,800円110,000円
アクセスポイントWLX31369,800円77,000円
アクセスポイントWLX212(W)
WLX212(B)
39,800円44,000円