TP-Link、約8,000円のアンテナ内蔵Wi-Fi 6/OneMesh中継機「RE600X」を国内で発売

ニュース新製品

ティーピーリンクジャパン株式会社(TP-Link)は2021年10月28日、無線LAN中継機「RE600X」を発表しました。

想定販売価格は7,920円(税込)で2021年11月11日に発売される予定です。

スタイリッシュなWi-Fi 6中継器が登場!「RE600X」11月11日(木)発売 ~Bluetooth 5.0搭載ナノUSBアダプター「UB500」本日発売~ | TP-Link 日本

RE600X | AX1800 Wi-Fi 6中継器 | TP-Link 日本

スポンサーリンク

RE600Xは5GHz帯でIEEE 802.11ax(Wi-Fi 6)による最大1,201Mbps(2ストリーム/80MHz)、2.4GHz帯で同574Mbps(2ストリーム/40MHz)の通信に対応するデュアルバンド「AX1800」クラスに属し、ビームフォーミングをサポートしています。既存製品の「RE605X」と同クラスですが、RE605Xでは側面に2本張り出していたアンテナが内蔵に変更されています。

無線LANの暗号化方式はWPA3-Personal・WPA2-Personal・WPA-Personal・WEPに対応しています。

1基の1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T対応LAN端子を備え、既存のルーターと有線接続した状態でのアクセスポイント運用や、有線LANのみ対応の機器を無線接続するイーサネットコンバータ運用も可能です。

メッシュネットワーク構築機能「OneMesh」に対応しており、同機能に対応するTP-Link製の無線LANルーターと組み合わせてメッシュネットワークを構築し、Android/iOS向けアプリ「TP-Link Tether」から一元管理を行えます。